上海問屋セレクト 2.5in. SSD SATA Flash Disk 32GB

なんと!



10,999円(税込)



とうとう手にはいるところまで、価格がこなれてきましたね^^

さらに!


SSD 2.5インチSATA SSDカード PhotoFast CR-9000 (SDHC6枚 2.5 SATA-SSD変換アダプタ)

こちらは、SDHCカードを6枚挿して、SSDとして使える優れものです^^

9,980円(税込)




SDHCカードも16GBで既に5千円を切っています^^;
1万円で32GBですかね?w



■PhotoFast CR-9000詳細

CR-9000はSDカードの上位にあたるSDHCカードを同時に6枚挿入できるSSD(Solid State Drive)カードです。SDHCカードを6枚使い、最大192GBの大容量SSDを作ることが可能。

対応するSDHCカードは4GB〜32GB。16GBのSDHCを6枚使用した場合で最大で96GB、32GBなら最大で192GBのSSDを作成することができる(2枚以上のSDHCカードを挿入する場合は同型番、同容量のみ)。

SSDの特徴はフラッシュメモリーを使ってデータ読み書きする事。

ハードディスクと違ってディスクを持たないため、データの読み書きの際にヘッドをディスク上で移動させるシークタイムや、ディスク上にある目的のデータがヘッド位置まで回転してくるサーチタイムがなく、圧倒的な高速化が図れる。

また、衝撃によって破損しやすいヘッドやモーターなどのディスク駆動部分が存在しないという点で、耐衝撃性もHDDに比べて高いと言えます。さらに、モーターによってディスクを回転させる必要がないので、消費電力も大幅に少ないのが特徴です。

SSDである「CR-9000」は、フラッシュメモリーにデータを記録するストレージとして活用できる。

SATAインターフェースを搭載しており、130MB/Secの高速データ転送を実現。複数のSDHCに均等に振り分け、同時並行でデータを記録して読み書きを高速化するRAID 0の高速ストライピング機能にも対応。なお、6枚すべて使用する必要はなく、1枚でも動作は可能。

SSDをハードディスクと併用するのもお薦めです。例えば、ハードディスク内のデータのなかでも頻繁にアクセスするデータだけをキャッシュとしてSSDに格納しておけば、ハードディスクだけの環境よりも大幅な高速化が図れます。


しかしながら、SDHC6枚というのはきついですよね?
16GB×4で2万円くらいですから、それで64GBという選択が無難ですかね?
合計で3万円ほどですか?
96GBで4万円ほど、、、、、。
まあ、完成品に比べれば、それでも安いですかね?



PhotoFast CR-7300 2.5”SATA-SSD変換アダプタ

8,999円(税込)

こちらはコンパクトフラッシュカードを2枚実装できるタイプです。

Raid0(SAFE)/1(FAST),JBOD(BIG)に対応しております。

Raidを実装していますので、一つのドライブとして認識可能ですね。


上海問屋セレクト コンパクトフラッシュ CFカード 32GB

10,499円(税込)

これなら、3万円以内で64GBのRaid SSDが搭載可能になりますね。




Transcend SSD 64GB (SATA)

42,800円(税込)

Transcendだと、まだ4万↑ですかね?
最終的には、128GBぐらいで、1万↓くらいになれば、HDDと市場が逆転してしまう可能性もありますかね?

量産効果次第の世界ですし、部品点数はHDDより少ないはずですから、需要さえ順調に伸びれば、あり得ない話でも無いと思われます。
もう一息ですかね、、、^^;


画像提供は↓








SDHCカードも16GBで既に5千円を切っています^^;
1万円で32GBですかね?w



■PhotoFast CR-9000詳細

CR-9000はSDカードの上位にあたるSDHCカードを同時に6枚挿入できるSSD(Solid State Drive)カードです。SDHCカードを6枚使い、最大192GBの大容量SSDを作ることが可能。

対応するSDHCカードは4GB〜32GB。16GBのSDHCを6枚使用した場合で最大で96GB、32GBなら最大で192GBのSSDを作成することができる(2枚以上のSDHCカードを挿入する場合は同型番、同容量のみ)。

SSDの特徴はフラッシュメモリーを使ってデータ読み書きする事。

ハードディスクと違ってディスクを持たないため、データの読み書きの際にヘッドをディスク上で移動させるシークタイムや、ディスク上にある目的のデータがヘッド位置まで回転してくるサーチタイムがなく、圧倒的な高速化が図れる。

また、衝撃によって破損しやすいヘッドやモーターなどのディスク駆動部分が存在しないという点で、耐衝撃性もHDDに比べて高いと言えます。さらに、モーターによってディスクを回転させる必要がないので、消費電力も大幅に少ないのが特徴です。

SSDである「CR-9000」は、フラッシュメモリーにデータを記録するストレージとして活用できる。

SATAインターフェースを搭載しており、130MB/Secの高速データ転送を実現。複数のSDHCに均等に振り分け、同時並行でデータを記録して読み書きを高速化するRAID 0の高速ストライピング機能にも対応。なお、6枚すべて使用する必要はなく、1枚でも動作は可能。

SSDをハードディスクと併用するのもお薦めです。例えば、ハードディスク内のデータのなかでも頻繁にアクセスするデータだけをキャッシュとしてSSDに格納しておけば、ハードディスクだけの環境よりも大幅な高速化が図れます。


しかしながら、SDHC6枚というのはきついですよね?
16GB×4で2万円くらいですから、それで64GBという選択が無難ですかね?
合計で3万円ほどですか?
96GBで4万円ほど、、、、、。
まあ、完成品に比べれば、それでも安いですかね?



PhotoFast CR-7300 2.5”SATA-SSD変換アダプタ

8,999円(税込)

こちらはコンパクトフラッシュカードを2枚実装できるタイプです。

Raid0(SAFE)/1(FAST),JBOD(BIG)に対応しております。

Raidを実装していますので、一つのドライブとして認識可能ですね。


上海問屋セレクト コンパクトフラッシュ CFカード 32GB

10,499円(税込)

これなら、3万円以内で64GBのRaid SSDが搭載可能になりますね。




Transcend SSD 64GB (SATA)

42,800円(税込)

Transcendだと、まだ4万↑ですかね?
最終的には、128GBぐらいで、1万↓くらいになれば、HDDと市場が逆転してしまう可能性もありますかね?

量産効果次第の世界ですし、部品点数はHDDより少ないはずですから、需要さえ順調に伸びれば、あり得ない話でも無いと思われます。
もう一息ですかね、、、^^;


画像提供は↓





 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索




Archives




カテゴリ別アーカイブ




最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: