第1世代 iPod nano バッテリー問題について
第1世代 iPod nano バッテリー問題について

2008年8月20日、アップルは本日、経済産業省からの第1世代iPod nanoのバッテリーに関する公表について、以下お知らせ申し上げます。

弊社は、ごくまれなケースとして2005年9月から2006年12月に販売された第1世代 iPod nanoのバッテリーが過熱を起こし、使用ができなくなったり、変形していることを確認しました。
弊社はこのような事故の報告を何件か受けており(すべて第1世代iPod nanoであり、0.001パーセント未満です)、これらは一つのバッテリー・サプライヤーからの供給であることを特定しています。
これまで、重大な人的被害や物的損害は報告されておらず、また他のiPod nanoのモデルについてはこうした報告はまったく受けていません。

第1世代のiPod nanoをお使いでバッテリー過熱を感じられたお客さまは、AppleCare(顧客窓口)にて交換いたしますので、ご連絡をお願いいたします。
 また、他の第1世代iPod nanoをお使いのお客さまで少しでもご不安を感じられた方も、AppleCareにご連絡ください。


iPodnanoの発火問題ですけど、appleから公式にコメントが出ていますね。


0.001パーセント未満なんですか?
リコールを出すには微妙な数字ですけど^^;

約1/10万の確率で不具合があるようです。
バッテリーの不具合なので、お使いのiPodが以上に熱い??
と感じたら、電話して下さいね。

iPhoneの通話が途切れる問題や、今回のnanoの異常加熱。
ちょっとappleに逆風が吹いている感じですね、、、、。

iPhoneにしてもiPodにしても、バッテリーは取り外し可能な仕様にしておけば、こういう事態に対応が楽だと思うんですけどね、、、、、。



 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 

Trackbacks List

  1. 1. iPod nano 過熱事故

    • [Charmのサイコロ]
    • 2008年08月21日 10:05
    • 8月19日、経済産業省が 米アップルの「iPod nano」で 計17件の過熱・焼損事故が起きたことを発表。 バッテリー内部の欠陥が原因だそうで、 該当する製品は第1世代のiPod nano。 製造番号はMA004J/A、MA005J/A、MA099J/A、MA107J/A。 私のナノチャームは該当外です...
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ