_DSC9326
DSC-R1

今日は下の子の保育園の盆踊りでした。

もう夏休みですね^^;





_DSC9342
DSC-R1

毎年、この時期だと、雨に降られることが多かったんですけど、今年はお天気に恵まれました。



_DSC9347
DSC-R1

保育園のグラウンドで、園児達が全員集合です。



_DSC9350
DSC-R1

なかなか、うまいこと踊ってましたね^^




_DSC9389
DSC-R1

みんな浴衣を着て、楽しそうですね^^


_DSC9428
DSC-R1

休憩には、アイスクリームが全員に配布されます。


_DSC9431
DSC-R1

保護者会による「夜店」
水ヨーヨー掬いに、光るブレスレッドに、飲み物、カード、くるくるゼリー、色々ありました。


_DSC9463
DSC-R1

休憩の後は、すっかり日が暮れて、最後の踊りです。


_DSC9469
DSC-R1

みんな一生懸命ですね。


_DSC9470
DSC-R1

先生も一緒に、、、、。


_DSC9486
DSC-R1

元、保育園児達も、輪に加わりました。

うちの下の子も、年長組ですから、保育園の盆踊りはこれで最後ですかね^^;
なんだか、複雑な心境ですな、、、、、。


さて、DSC-R1でのこういった撮影も、だんだんと手慣れてきました。
以前は、ピンぼけの嵐でしたが、今回は、動きによるブレはかなりありましたが、ピンぼけは少なかったです^^

オートフォーカスだと、浴衣の柄などでピントを拾ってしまい、顔がぼけてしまうケースが多発します。
今回は、露出はオートに設定しましたが、フォーカスは全てマニュアルフォーカスを使用しました。
マニュアルの方が、断然ピント精度が高く、その上シャッターチャンスを逃しません!

DSC-R1の場合ボディ左側に、オートフォーカス、マクロ、マニュアルフォーカスの切り替えスイッチが付いていますが、そのボタンが、フォーカスボタンをかねています。
ですから、マニュアルフォーカスでもフォーカスボタンを押してやれば、自動的にピントを合わせてくれるわけです。

被写体の顔に向けて、ピントを固定し、マニュアルフォーカスのままシャッターを押せば、迷うことなく顔にピントがきます。
この使い方になれると、かなり高精度にピントをコントロールできるようになりますね。

DSC-R1のライブビューならではの撮影法という感じがします。
ますます、DSC-R1が信頼できるカメラになってきました。

超弩級コンデジDSC-R1ですけど、最近では伝説のコンデジとか、幻のコンデジとか言う表現がしっくり来る感じがしています。
一眼レフなんて、いくらでも代わりはありますけど、DSC-R1に代わる機種はどこにも存在しません。

このカメラをさらに進化させて、手ぶれ補正、フルHD動画撮影機能を加えれば、無敵のコンデジになったんですけどね、、、、、。

_DSC9347
DSC-R1

保育園のグラウンドで、園児達が全員集合です。



_DSC9350
DSC-R1

なかなか、うまいこと踊ってましたね^^




_DSC9389
DSC-R1

みんな浴衣を着て、楽しそうですね^^


_DSC9428
DSC-R1

休憩には、アイスクリームが全員に配布されます。


_DSC9431
DSC-R1

保護者会による「夜店」
水ヨーヨー掬いに、光るブレスレッドに、飲み物、カード、くるくるゼリー、色々ありました。


_DSC9463
DSC-R1

休憩の後は、すっかり日が暮れて、最後の踊りです。


_DSC9469
DSC-R1

みんな一生懸命ですね。


_DSC9470
DSC-R1

先生も一緒に、、、、。


_DSC9486
DSC-R1

元、保育園児達も、輪に加わりました。

うちの下の子も、年長組ですから、保育園の盆踊りはこれで最後ですかね^^;
なんだか、複雑な心境ですな、、、、、。


さて、DSC-R1でのこういった撮影も、だんだんと手慣れてきました。
以前は、ピンぼけの嵐でしたが、今回は、動きによるブレはかなりありましたが、ピンぼけは少なかったです^^

オートフォーカスだと、浴衣の柄などでピントを拾ってしまい、顔がぼけてしまうケースが多発します。
今回は、露出はオートに設定しましたが、フォーカスは全てマニュアルフォーカスを使用しました。
マニュアルの方が、断然ピント精度が高く、その上シャッターチャンスを逃しません!

DSC-R1の場合ボディ左側に、オートフォーカス、マクロ、マニュアルフォーカスの切り替えスイッチが付いていますが、そのボタンが、フォーカスボタンをかねています。
ですから、マニュアルフォーカスでもフォーカスボタンを押してやれば、自動的にピントを合わせてくれるわけです。

被写体の顔に向けて、ピントを固定し、マニュアルフォーカスのままシャッターを押せば、迷うことなく顔にピントがきます。
この使い方になれると、かなり高精度にピントをコントロールできるようになりますね。

DSC-R1のライブビューならではの撮影法という感じがします。
ますます、DSC-R1が信頼できるカメラになってきました。

超弩級コンデジDSC-R1ですけど、最近では伝説のコンデジとか、幻のコンデジとか言う表現がしっくり来る感じがしています。
一眼レフなんて、いくらでも代わりはありますけど、DSC-R1に代わる機種はどこにも存在しません。

このカメラをさらに進化させて、手ぶれ補正、フルHD動画撮影機能を加えれば、無敵のコンデジになったんですけどね、、、、、。

 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ