【Hydrogen Expo】「プラグイン・ハイブリッド車だけでは難しい」,トヨタ自動車の講演より(その1) - Automotive Technology - Tech-On!
 米国サクラメントで開催された「NHA Annual Hydrogen Conference」では,2008年4月2日の午前中にキーノート・セッション3「Vehicle and Infrastructure」が行われた。米GM社やトヨタ自動車,ホンダ,ドイツBMW社といった大手自動車メーカーをはじめ,カリフォルニア州での燃料電池普及を目指す非営利団体のCalifornia Fuel Cell PartnershipやオランダShell Hydrogen社,米Air Products and Chemical社から講演があった。

 トヨタ自動車からは同社 FC開発本部FC技術部長である河合大洋氏が登壇した。同氏は最近,注目を浴びている家庭用電源から充電して電気自動車として一定距離を走行可能なプラグイン・ハイブリッド車(PHEV)に触れ,トヨタ自動車でも開発しているが,電池のエネルギー貯蔵能力はガソリンや水素に比べてまだまだ低いことを説明した。

 同社によれば,仮に米国で1充電当たり20〜40マイル(32〜64km)を電気自動車として走行できるPHEVにすべての車両を置き換えたとしても,米国での走行パターンではエネルギー消費量を20〜30%削減できるにとどまるという。このことは,化石燃料からの脱却やCO2を半減させるためには,PHEVだけでは20〜30%の削減が限界との見解を示したことになる。


コンセントで充電して走行可能なハイブリッド車ですね。
60km走行可能で有れば、そこそこ足代わりには使えますよね?

「PHEVだけでは20〜30%の削減が限界」ですか?
それだけでも、十分に利用価値はあると思いますが、、、、。

問題は、出先でエンストしたときに(エンジンじゃないか?w)、どう対応するかですよね?
燃料なら、近くのスタンドまで買いに走ると言うことも可能ですけど、電気は運べませんよね?

予備バッテリーでも付けますか、、、、、。