08051001
DSC-W1

さて、連休の写真も今日で最後です。

最後に出向いたのは砺波のチューリップ公園でした。
IXY Digital 400が電池切れのため、DSC-W1のみで撮影していますが、雨の影響もあるのか?
描写はもう一つでしたね。

08051002
DSC-W1

チューリップの塔??
なんだか、高いところが好き??w

08051003
DSC-W1

5月5日はこどもの日でしたので、普段なら子供入場料800円の所、0円で入場できました。
行くなら5日ですねw

08051004
DSC-W1

満開というか、一部は既に枯れ始めていました。
それでも、なかなか見応えはありますね。

写真的には、赤の描写が完全に破綻しています^^;
DSC-R1なら、これほど酷いことは無いと思いますけど、本来Zeissレンズは赤の描写が得意なはずなんですが、、、、。
(名ばかりのZeissか?w)

08051005
DSC-W1

雨にもかかわらず、結構人は入ってました。
お花の中で、記念撮影ですかね??

08051006
DSC-W1

こういう写真になると、DSC-R1だと、深度が浅すぎて、難しい対象なんですけど、CCDの小さな小型カメラの方が、無難に撮影できますね。

08051007
DSC-W1

以前は、砺波と言えばチューリップの産地というか、公園の周りの畑は、どこもチューリップだらけでしたが、現在では花が咲いているのは公園内だけで、周りの畑からチューリップの姿は消えています、、、、。

チューリップ生産では、採算が合わないんでしょうかね?

08051008
DSC-W1

お天気が良ければ、もう少し表情も違うんでしょうが、、、、。
まあ、雨は初めから覚悟していましたので、そのために東に向かったわけです。

お天気は西から崩れてきますので、多少は時間が稼げるのか?
と言うもくろみもありましたしね。

この写真も赤が浮いてますな、、、、。

08051009
DSC-W1

公園内の噴水。
一定の時間ごとに、水の出方が変化します。


08051010
DSC-W1

無料休憩所。
無料と言うことで、入ってみましたw

08051011
DSC-W1

懐かしいいろりですな、、、、。
おばあちゃんのうちにも昔はこんないろりが有りました。

まあ、そのおばあちゃんも7年前に94歳で世を去りましたが、、、。

08051012
DSC-W1

親戚が集まって、こんな風景も懐かしいです。
うーーん、、、、、。
35年くらい前か?w

休憩所内には「草餅」「豆餅」は100円で販売されていました。
お茶は無料サービスでしたね。

08051013
DSC-W1

わら靴ですか?
さすがに、私でも、子供の頃はゴム長でしたけど^^;

子供にはかせてみたいですけど、いやがるかな?w

08051014
DSC-W1

大きな水車。
水車小屋では、何か機械が動いていましたが、、、、。

着いたのが既に午後3時を回っていて、雨も降ってましたし、撮影したコマはこのくらいでした、、、、。
またDSC-W1の電池も切れてきました。

DSC-W1の場合、単三2本で動作しますので、いざとなればコンビニでも手に入りますけど、私はNiMH(ニッケル水素充電池)を使っています。

DSC-W1も50コマ持つかどうか、、、。
と言う感じではありますね。
まあ、単三なら予備のバッテリーも簡単に手にはいるので、電池さえ持ち歩けば、それほど問題はないですかね?

それに比べて、DSC-R1のM型バッテリーはすごいです!
フラッシュを多灯しても400コマくらいは撮影できます。

時間表示は4時間以上になりますね。
予備のバッテリーが有れば、8時間連続耐久も可能ですか?w
(撮影者がもたないかも?w)

DSC-R1のばあい、電源を入れても、初めからレンズはむき出し状態なので、どこも動きません。
静かにモニターが点灯するだけですね。

ズーム動作も、手動ですので、その辺も電池寿命に貢献しているようですし、レンズシャッターで、ミラーアップなどの余計な動作も一切しませんし、でかい図体には似合わず、エコシステムと言えますかね?

IXY Digital 400も、手持ちのバッテリーだと40コマ程度しか撮影できませんでしたが、新たに新品のバッテリーを入手しましたので、どのくらい持つのかが楽しみです。

説明書には、3〜4回充放電を繰り返してから、本来の電池寿命を発揮するようになると書いてありました。

ちなみに、純正バッテリーは840mAHと記載されていますが、今回購入したROWAのバッテリーは1200mAhと記載されています。

純正が150枚程度撮影可能とすると、200枚くらいは行けるんでしょうか??
バッテリーが2個になりましたので、新しい方で撮影して、電池が切れても、あと50枚くらいはスペアのバッテリーで撮影可能だと思われます。

この辺は、小さな液晶モニターのおかげで、必要以上にエネルギーを消費しない感じなんでしょうかね?

nikonのE5000はバッテリーに関しては、やはり50枚くらいが良いところでしたね。
E5000はもう少し、省エネ設計に出来たと思われるんですけど、まあ、オプションで大容量バッテリーを装着可能という裏技も備えていましたか、、、、。

オプションだと単三電池6本で駆動できます。
1万3千円くらいでしたかね?

今更、どうかとは思いますけど、ヤフオクあたりで出物が有れば手に入れたいですね。

ん??

何の話題でしたっけ??w

まあ^^;
連休の写真三昧はこれでお仕舞いですね^^


▼砺波周辺の宿
(提供じゃらんネット)

 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ