icon
icon
UA-1EX
icon

さて^^;

早速ノートPCでエアチェックしてみました!
(エアチェックとはFM放送を録音するという意味です)<死語ですかね?w

もちろんサウンドデバイス経由で、今回は16bitで録音してみました。
録音ソフトは無料の物が多数で回っていますので、vectorあたりで探せばゴロゴロ釣れます。

jetAudioあたりで行けるんじゃないですかね?






とりあえず、タイマー予約可能なソフトが便利ですね。

今回は、フリーソフトでタイマー予約して、流し録りした物をSound It !で切り出すという感じでやってみました。

ONKYOあたりのソフトだと、アナログ→デジタル録音した物の波形をネットで照合して、自動的に分割、楽曲情報まで取得するなんて、優れものもあるようですが、エアチェックだとアナウンサーの声とかも入り込みますので、そこまでの自動化は無理なんじゃないでしょうか?

とりあえず、16bitで録音した物を、ヘッドフォンでモニターして、AAC128kbpsの物と比較してみました。

さすがにエアチェックでも圧縮無しの.wavだとAACよりも情報量は多いですね。
これならば使える感じです。

おそらくこの状態で圧縮してしまうと、AACに負けそうな感じですかね?
音質を保ったまま、半分のサイズに圧縮できるappleロスレスで、可逆圧縮をかけてみましたが、やはりヘッドフォンでモニターすると、音質は劣化するようです、、、、。

結局は.wavのままitunesに流し込んでしまいました。

しかしねぇ、、、、。
TRIOのKT-900って?
もう25年も前の製品ですよ?

そこそこ良い音がしますけど、25年経っても、これを超える音のコンシューマー製品は見あたらないように思います。
ここまでFMが高音質だと、L-02Tが欲しくなってしまいますね?w

これさえあれば、CDもいらないかな?

なんで?
FMチューナーの進化が25年も前に止まってしまったのか?

謎です、、、、。

今回のKT-900は3千円で買えてしまいましたから、超お買い得な感じはします。
KT-1100あたりが本命という感じでしょうか?

L-02Tだと10万以上はしますし、L-03Tなら、もう少し安いですかね?

それにしてもやはりNHK-FMは予想通り良い音で聴けますね。
まあ、再生装置やDACが業務用でしょうから、FMで劣化しているとはいえ、音源はかなりクオリティが高いんでしょうね、、、、。