スーパーソル スピーカーと言ってもねぇw
外見は全く変わりません^^;

中に詰めてある物が、ストローから、スーパーソルへと進化しただけですね^^;
この小さな進化が、大きく感じるわけですよw

それでは、特性を見てみますか?









以前のうちのスピーカーの構造はこんな感じでした。
ストローで、空気の流れを整え、かつ高速化することで、無共振で、ハイスピードなシステムを考案しました。

それが、現在では、、、。

スーパーソルをかっ詰めてあるだけです^^;

音はストローよりクリアになったような気がします。
より低い音が出てきている感じですけど、実際に測定してみましょうか?



先ずはALTEC CF404-8Aから、、、、。
(あw写真はCF204-8Aでした^^;)




上がストロー、下がスーパーソルです。
ちょっと?微妙ですかね??
今回は、バスレフのチューニングを少し高めにしてみました。
50Hz付近だと、ストローの方が少し音圧が高いですか?
もう少しだけ、ポートを長く取った方が正解なんでしょうかね?
聴感上の低音の張り出しは、スーパーソルの方が上のように感じますが、、、、。



つづいて、SA/F80AMGです。




上がストロー、下がスーパーソルです。

こちらも、スーパーソルの方が低音が出ていますね。




そしてALTEC A3355!





上がストロー、2番目が防犯砂利、一番下がスーパーソルです^^
入れるだけで、無共振化が実現できて、しかも低音が減退しない!

今回実装した3種類の試作器全てで、その効果が確認できました^^

よかったです。