mixiで延々と防犯砂利についての、議論と実験がつづいていましたが、、、。

防犯砂利に取って代わる新素材の登場でしょうか??

mixiで、防犯砂利は多孔質だけども、独立気泡で、砂利内部の多孔質は全く機能していない!
と言う事実が、明白になってきました。

そこで、防犯砂利をニッパーで5〜6mmにスライスして、働いていない気泡を無くしてやれば、低音が盛り上がり出すのでは?
と言う提案があり、早速試してみることにしました^^;

4時間ほどかけて、防犯砂利を一つ一つスライスして、、、、、。
いよいよ、測定しようとした今朝になって、mixiに新たな書き込みが、、、、、。









独立気泡ではなく、連続気泡のリサイクルガラスの砂利が存在する!!
しかも、所在地を調べたら、富山県小矢部市!

隣の県ではありますが、金沢とはいわば隣町、これは行くしかないでしょう!!

googlemapをプリントアウトして、速攻車を走らせます。
俄に雪が降り始め、道路は真っ白^^;

だてに4WDに乗ってるわけではないので、積雪の山越えもなんのその!
三陽陸運株式会社に、アポ無しで特攻しました!

現地に着いてみると、田圃の中にぽつんと掘っ立て小屋みたいなのが、、、。
これか?w

事務所に入ってみると、フィリピン人の若いお姉さんが一人でお留守番、、、、。

砂利を見せてくれ!
とお願いすると、サンプルを見せてくれました。

なるほど、独立気泡と連続気泡の二種類を製造しているらしい、、、。

20L下さい!
とお願いすると、「チョトマテクダサアイ」と、携帯で誰かに連絡、、、。

5分ほどで、恰幅の良い社長?専務?営業?全部兼用??の方が事務所にやってきました。

砂利をくれ!と言うと、2Lの袋をタダで上げるとか、、、、、。
とりあえず試してみてくれ、、、と。

いえいえ、お金払うんで20Lください!!
で、またもや20Lで800円也^^;

「県産品」と銘記されている事からも、事業規模も小さく、富山県内でしか流通していないようですねぇ、、。
わざわざ車を走らせたかいがありました^^



測定は数種類の多孔質素材を同一のエンクロージャーにマウントして、違いを確かめるという感じです。
メッシュの袋に詰めて、交換しながら測定して行きます。



今回の箱は、うちの箱の中でも最小の部類に入る、1.7Lほどの物です。
小型スピーカーで、砂利がどの程度効果があるのかを確かめて見たかったわけです。



使用したユニットはFE127です。
強いゴムで締め付け、交換が楽なようにしてあります。



マイクはこんな感じでセッティングしてあります。
位置固定で、内部に詰める素材だけを交換して行きます。



こちらは、ゼオライト入りの軽石。



今回の隠し球!
陶芸屋ならどこにでもある、素焼きのかけらです。
多孔質で、ナノ単位の穴が開いていて、水も十分に染み込みます。



こんな感じで、実験スタート!



何も入れていない状態。
陶器の箱なのに?思ったより暴れが少ない?なんでだろ??
5khzと7khzに強いピークが出てたはず??
単にエージングだけの問題だったのか??



フェルトで吸音材を入れてやると、暴れはさらに少なくなりますね、、、、。
F特中心に音作りをしていると、吸音材に頼りたくなるのがわかりますなw



軽石を入れた物、低音は減退しています。



ゼオライト入り、軽石とあまり変わらない??



今度は素焼き。
ゼオライトよりさらに低音が減退、、、、、。



独立気泡の防犯砂利。
ゼオライトや軽石よりも低音が落ち込んでいます、、、、、。



防犯砂利をスライスした物。
僅かに低音特性が上昇しています。
軽石よりも、僅かに低音が出ているのか?(微妙^^;)



連続気泡のガラス砂利。
今回の測定では、最も低音が出ているように見えます^^;
まあ、微妙な差ではありますが、、、、。



最後に、低音部の特性だけを並べてみました。
100hzの音圧を比較してみると、連続気泡の砂利が最も低音が出ているように見えますね^^;

まあ、素人の測定なんで、あれですけど?w
少なくとも、砂利をかっ詰めても、低音は減らない!

と、言っても構わないんじゃないでしょうか?
逆を言うと、ナノベースエキサイターほどの効果は望めないと言うことでしょうかね?

しかしながら、低音を減退させずに、無共鳴エンクロージャーを簡単に実現できる魅力は大きいと思われます^^

走ったかいだけは、ありましたかね?w