さて、ALTECの8cmユニットですけど、、、、、。
一日聴いてみましたが、これは本当にいい音出します。

自分が探していたのは、これだ!
そう思える音、ALTECサウンドなんですねぇ、、、、。

これを、リファインして自作用ユニットとして販売してくれればねえ、、、、。

A3355はALTECが初めから、デスクトップスピーカー用に作り上げたユニットですから、デスクトップHiFiに最適なのもうなずけますな、、、、。









とりあえず、F特を比較してみましょうか?
上がSA/F80AMG下がALTEC A3355です。
SA/F80AMGの方が全体にフラットですね。

確かに低音の量感はA3355は物足りない感じがしますかね?
しかしながら、良い音に聞こえるのはALTECの方ですね、、、、。
高域は思ったより伸びているようです。

何というかSA/F80AMGの方が反応が鈍い感じの音に聞こえます。
高域は澄んで美しいけれど、低音が僅かに遅れて出てくるような、感じがするんです。
もちろん、これはタイムドメインにしてやるとか、鉛の錘あたりをユニットに固定してやれば、解消するとは思いますけど。



今回は、さらにこんな物を用意してみました^^;
ガラスをリサイクルして作った、多孔質の砂利です。
20Lで800円也

これをエンクロージャー内にめいっぱい詰め込んでみました。
するとどうでしょう!

音像がクリアで雑味の無い音になりました!



F特を取るとさらに低域が減退してしまっています、、、、。
それでも、このクリアさはなんですか!

これまで通り、ストローは入れてあったんですけど、ストローより砂利の方がクリアですね。
逆にストローの方が低音は出ていると言うことでしょうけど、、、、。

内部構造に関しては↓参照

でくのぼうぷれす:デスクトップHiFiへの道 ロードII その9 - livedoor Blog(ブログ)



砂利の効果を確かめるために、ミニコンポにも砂利を入れてみました^^;





F特を見ても、効果はわかりませんなw
こちらも低音が減退しています。

しかしながら、聴感上の音質はびっくりするくらい良くなりました^^;
逆に、エンクロージャーを埋め尽くすだけの砂利を詰め込んでも、この程度しか低音が下がらないと言うのはなかなかだと思います^^;

音は、雑味が払拭され、スピード感が増し、定位も若干改善されますが、2WAYだとツィーターに左右されているので、フルレンジほどめざましくは無いですけどね、、、、。

松下が開発したnanoテクのパウダーを真似しようと思ったんですけど、多孔質の砂利といえど、ミクロ単位の話じゃ、こんなもんでしょうか?

それでも、無共鳴エンクロージャーを手軽に実現できて、詰め込んでも容量がそれほど減退しないのであれば、やってみる価値はあると思います。






とりあえず、F特を比較してみましょうか?
上がSA/F80AMG下がALTEC A3355です。
SA/F80AMGの方が全体にフラットですね。

確かに低音の量感はA3355は物足りない感じがしますかね?
しかしながら、良い音に聞こえるのはALTECの方ですね、、、、。
高域は思ったより伸びているようです。

何というかSA/F80AMGの方が反応が鈍い感じの音に聞こえます。
高域は澄んで美しいけれど、低音が僅かに遅れて出てくるような、感じがするんです。
もちろん、これはタイムドメインにしてやるとか、鉛の錘あたりをユニットに固定してやれば、解消するとは思いますけど。



今回は、さらにこんな物を用意してみました^^;
ガラスをリサイクルして作った、多孔質の砂利です。
20Lで800円也

これをエンクロージャー内にめいっぱい詰め込んでみました。
するとどうでしょう!

音像がクリアで雑味の無い音になりました!



F特を取るとさらに低域が減退してしまっています、、、、。
それでも、このクリアさはなんですか!

これまで通り、ストローは入れてあったんですけど、ストローより砂利の方がクリアですね。
逆にストローの方が低音は出ていると言うことでしょうけど、、、、。

内部構造に関しては↓参照

でくのぼうぷれす:デスクトップHiFiへの道 ロードII その9 - livedoor Blog(ブログ)



砂利の効果を確かめるために、ミニコンポにも砂利を入れてみました^^;





F特を見ても、効果はわかりませんなw
こちらも低音が減退しています。

しかしながら、聴感上の音質はびっくりするくらい良くなりました^^;
逆に、エンクロージャーを埋め尽くすだけの砂利を詰め込んでも、この程度しか低音が下がらないと言うのはなかなかだと思います^^;

音は、雑味が払拭され、スピード感が増し、定位も若干改善されますが、2WAYだとツィーターに左右されているので、フルレンジほどめざましくは無いですけどね、、、、。

松下が開発したnanoテクのパウダーを真似しようと思ったんですけど、多孔質の砂利といえど、ミクロ単位の話じゃ、こんなもんでしょうか?

それでも、無共鳴エンクロージャーを手軽に実現できて、詰め込んでも容量がそれほど減退しないのであれば、やってみる価値はあると思います。


 

Comments

    • ら〜ぼ's comment
    • 2007年12月12日 18:16
    • >SA/F80AMGの方が反応が鈍い感じの音に聞こえます。

      SA/F80AMGの方がコーンが重いんでしょうね。

      私もでくのさんを見習って頑張って作ろぉっと。
      とりあえず、パネルソーを作り始めました。
      ホームセンターにある巨大なやつの卓上版です(汗)
    • でくの's comment
    • 2007年12月12日 22:06
    • ら〜ぼさん:

      コメントありがとうございます。

      >SA/F80AMGの方がコーンが重いんでしょうね。

      確かに、その通りですね^^
      あのサイズで50Hzから低音が出るというのは脅威ですからねぇ、、、。
      うちのはそんなに出ませんけどw

      しかしながらSA/F80AMGの方に砂利を入れたら、信じられないくらいにハイスピードになりました!
      ちょっとびっくりです^^;

      重心が重たいシステムの方が効果があるようですね。
    • ら〜ぼ's comment
    • 2007年12月13日 12:56
    • >あのサイズで50Hzから低音が出るというのは脅威ですからねぇ、、、。

      小ユニットで低音が出せるのはコーンはもとよりエッジだと思うんですよ。
      ロングストロークで変な癖がないんでしょうね。

      >砂利を入れたら、信じられないくらいにハイスピードになりました!

      これ、絶対名前をつけたほうがいいですよ!
      絶対流行りそうな気がします。

      ただ、あれですね。でくのさんの焼き物スピーカーはSA/F80AMGと砂利を使うとほぼ完全無機質素材から出来てることになりますね。残るはストローとケーブルの被覆ぐらいかな?
      そこから有機的な音が出てくるのが面白いです。

      そうそう、片ダンボールのステンレス版がありました。パイプ内の整流に使ったり排ガス浄化の触媒に使ったりするもので極薄波板&平板で出来ています。簡単に入手できるものかどうかは分かりませんが。
    • でくの's comment
    • 2007年12月13日 22:51
    • ら〜ぼさん:

      コメントありがとうございます。

      >小ユニットで低音が出せるのはコーンはもとよりエッジだと思うんですよ。
      ロングストロークで変な癖がないんでしょうね。

      確かにSA/F80AMGのエッジは柔らかいですね。
      コーンが自由に動き回れる感じがします。

      >これ、絶対名前をつけたほうがいいですよ!
      絶対流行りそうな気がします。

      名前ですか?w
      思いつかないなぁ、、、、。

      ナチュラルダクトもタイムドメインも模倣だったので、自分のオリジナルを見つけられたのはうれしいですけどね^^
      ストローに比べると、制作が楽なので助かりますけど、いらなくなった10000本ほどのストロー、、、。
      どうしましょうか?w
    • でくの's comment
    • 2007年12月13日 22:52
    • >ただ、あれですね。でくのさんの焼き物スピーカーはSA/F80AMGと砂利を使うとほぼ完全無機質素材から出来てることになりますね。残るはストローとケーブルの被覆ぐらいかな?
      そこから有機的な音が出てくるのが面白いです

      昨日ヤマダ電機で、ONKYOのiPod用のコンパクトオーディオを聴いてきました。
      http://www2.jp.onkyo.com/product/products.nsf/view/FCEE916032D9127E49257340000E522A?OpenDocument

      雑音の塊にしか聞こえませんでしたけど^^;
      無共鳴エンクロージャーの音になれてしまうと、この手の物がもう音楽として受け入れられなくなってしまいますね。
      音源は同じ圧縮音源なのに、、、、、。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ