さて、ALTECの8cmユニットですけど、、、、、。
一日聴いてみましたが、これは本当にいい音出します。

自分が探していたのは、これだ!
そう思える音、ALTECサウンドなんですねぇ、、、、。

これを、リファインして自作用ユニットとして販売してくれればねえ、、、、。

A3355はALTECが初めから、デスクトップスピーカー用に作り上げたユニットですから、デスクトップHiFiに最適なのもうなずけますな、、、、。









とりあえず、F特を比較してみましょうか?
上がSA/F80AMG下がALTEC A3355です。
SA/F80AMGの方が全体にフラットですね。

確かに低音の量感はA3355は物足りない感じがしますかね?
しかしながら、良い音に聞こえるのはALTECの方ですね、、、、。
高域は思ったより伸びているようです。

何というかSA/F80AMGの方が反応が鈍い感じの音に聞こえます。
高域は澄んで美しいけれど、低音が僅かに遅れて出てくるような、感じがするんです。
もちろん、これはタイムドメインにしてやるとか、鉛の錘あたりをユニットに固定してやれば、解消するとは思いますけど。



今回は、さらにこんな物を用意してみました^^;
ガラスをリサイクルして作った、多孔質の砂利です。
20Lで800円也

これをエンクロージャー内にめいっぱい詰め込んでみました。
するとどうでしょう!

音像がクリアで雑味の無い音になりました!



F特を取るとさらに低域が減退してしまっています、、、、。
それでも、このクリアさはなんですか!

これまで通り、ストローは入れてあったんですけど、ストローより砂利の方がクリアですね。
逆にストローの方が低音は出ていると言うことでしょうけど、、、、。

内部構造に関しては↓参照

でくのぼうぷれす:デスクトップHiFiへの道 ロードII その9 - livedoor Blog(ブログ)



砂利の効果を確かめるために、ミニコンポにも砂利を入れてみました^^;





F特を見ても、効果はわかりませんなw
こちらも低音が減退しています。

しかしながら、聴感上の音質はびっくりするくらい良くなりました^^;
逆に、エンクロージャーを埋め尽くすだけの砂利を詰め込んでも、この程度しか低音が下がらないと言うのはなかなかだと思います^^;

音は、雑味が払拭され、スピード感が増し、定位も若干改善されますが、2WAYだとツィーターに左右されているので、フルレンジほどめざましくは無いですけどね、、、、。

松下が開発したnanoテクのパウダーを真似しようと思ったんですけど、多孔質の砂利といえど、ミクロ単位の話じゃ、こんなもんでしょうか?

それでも、無共鳴エンクロージャーを手軽に実現できて、詰め込んでも容量がそれほど減退しないのであれば、やってみる価値はあると思います。