Apple Store(Japan)

元麻布春男のWatchTower:Leopardに見るAppleとMicrosoftの共通点と相違点 (1/2) - ITmedia +D PC USER
ついにLeopardが発売される。Windowsユーザーの立場からみた「Leopard」はどのように映るのだろうか。


Leopard関連の記事を見ていると、どうも冷静さを欠くように感じます。
まあ、お祭り騒ぎの後ではいたしかたない部分もあるでしょうけど、、、、。

今回取り上げた記事は、中でもかなり冷静な判断をしているように思われます。

発売イベントに関しては、前バージョンのTigerOSX10.4の時よりも、地味な感じはします。
最も、MSのVistaがWin95発売当時の盛り上がりを再現したいというもくろみを、考えていた感じからすれば、こんなモンかな?と言う感じではありますけどね。


さて、参照記事で、私自身共感する部分は、以前はMacは割高だったけど、現状ではMacの方が割安感が強いという部分ですね。
セレロンCPUとかだと、XPでも「つかえねえ!」とか感じるわけで、その進化版をVistaに搭載して?
はたして??

みたいな疑問は感じるわけです^^;

しかしながらMacの場合最廉価版でもCore2Duo搭載ですし、同クラスのCPU搭載WinPCに比べて、廉価版は十分に格安です^^;

もちろんVistaをネイティブに動作させるには、役不足ではありますが、XPならスイスイでしょうねぇ、、、。

最新のWinマシンはVistaを快適動作させなければ、評価は上がらないでしょう?
しかしながら、MacはLeopardさえ不満なく動作してくれれば問題ないわけで、メモリーも512MBで十分です。
Leopardはメモリー管理機能が強化されているため、Tigerよりも無駄に確保するメモリー容量が少なくてすみます。

つまりLeopardは、Winマシンよりも廉価で高性能を獲得できて、なじんだXPをネイティブで動作可能で、さらにプラスαの新機能を体験できるわけですよね?

どちらかと言えば、じわじわと浸透して行く感じはしますかね?



Mac OS X Leopard






 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ