燃料電池に白金は要らない - 日経ものづくり - Tech-On!
燃料電池に白金は要らない
ダイハツが陰イオン交換型を発表

 ダイハツ工業は2007年9月14日, 新型燃料電池システムの基本 技術を発表した。
最大の特徴は, 高価な白金(Pt)を全く使わないこと。
自動車向けに開発中の固体高分子膜 型燃料電池(PEFC)には,これまで触 媒としてPtが使われ,このコストだけ で数十万〜100万円近く掛かるとされ る。
一方,今回の燃料電池は燃料極側 の触媒にニッケル(Ni),空気極側にコ バルト(Co)を使う。両者とも価格は, Ptに比べて3けた安いので,大幅なコ スト削減につながる。

 Ptを不要にできた理由は,反応系を 一新させて新しい燃料を使ったこと だ。
通常のPEFCは,電解質膜中をH+ が移動して発電反応が起きる。
移動するH+は陽イオンなので,陽イオ ン交換型と呼ばれる。
ところが,今回 の燃料電池は,OH−が移動する陰イオ ン交換型。
そして,OH−と反応させる のが, 新燃料の水加ヒドラジン(N2H4・ H2O)だ。


驚かされるのは、PT(白金)にかかるコストが数十万円から100万円!と言うところですかね?w

PT不要と言われると、いかにも画期的に聞こえますが、、、^^;
そらまあ、水素やメタノールでそのまま使用できてPT不要なら、ノーベル賞モンですけどw
ヒドラジンというかなりの劇薬を燃料に使用するようです。

ただ、研究そのものから得られる発見は多いと思われますので、ここから派生してくるかも知れない、画期的な発見に期待はしています^^