さてさて、



やってまいりましたBEHRINGER(ベリンガー) 測定用マイク  ECM8000 PS400です!



キャリングケース付きは良かったのですが、、、、。

ない??
ないない???

ファンタム電源から、PCに接続するためのケーブルを別途購入しなければならないのは、覚悟していましたが、マイクとファンタム電源を接続するケーブルも、付属していない!!??

ショックです><;;

専用ケーブルが2本必要なんですか!!!!





あひゃ^^;
これだけでは全く役に立ちません、、、、、。



キャノンケーブルと言うんでしょうか?
楽器屋で調べてみると、2本で

約8千円



をいをいw
ちょっと待て!w



ハードOFFで何とかキャノンケーブルを見つけました!

1200円也!

やれやれです^^;

しかしながら、電源とマイクを繋ぐケーブルは見あたりませんでした、、、、、、。




ところが!



このマイクですけど、、、、、。
販売価格が新品でなんと!

980円!なんです!!





しかも!

キャノンケーブルが付属してるんです!!



助かりました^^;
ケーブルだけで探すと4千円くらいするのに、マイクごと買うと980円って、、、、、、。



無駄にマイクが3本になりましたけど^^;
とりあえずは、これで測定環境は整った感じです。



測定用マイクが、どの様な物なのか?
実際に比較してみましょうか?w



こちらが、前回使用したSONYのダイナミックマイクです。
前回は120dBを下限に設定していましたが、今回は60dBです。
こんな感じですねぇ、、、、。



こちらが980円のマイクです。
SONYより多少ましなのか?w



そして、こちらがBEHRINGER(ベリンガー)/Measurement Condenser Microphone ECM8000^^;

唖然とするくらい違いますなw
さすがは測定用マイクです^^;



最後にALTECの公称値と比較してみますか?
青色がALTECの公称値です。

なかなかいい線行ってますね^^
これだけの波形を提供されれば、作戦が立てやすくなると言う物です。

チューニングの結果もハッキリわかるでしょうしね、、、、。

良くも悪くも、これが、現在のうちのデスクトップHiFiの特性です。
やはり5kHzにピークがあるのがわかりますね。

CF404-8Aの低域は130Hzからとなっておりますから、確実に低域が伸びているのがわかります。
小型の箱でこれくらい伸びれば十分?

うーん、、、、。
まだまだ延ばせるように感じているんですけど^^;

ともかく、ここがデスクトップHiFiへの再出発点という感じですかね?




サウンドハウス
BEHRINGER(ベリンガー)/Measurement Condenser Microphone ECM8000