Endeavor NJ5100Pro


エプソン、Santa Rosa搭載A4ハイエンドノート「Endeavor NJ5100Pro」
 エプソンダイレクト株式会社は、15.4型ワイド液晶を搭載したA4ノートPC「Endeavor NJ5100Pro」を9月11日より受注開始する。

 筐体デザインは2006年8月に発表された「NJ5000Pro」を継承するが、Santa Rosaプラットフォームを採用し、基本性能を強化。内部に2つのMini PCI Expressスロットを備え、無線LANとIntel Turbo Memoryの同時搭載が可能。


DVI-D出力を搭載
 今回のモデルではミニD-Sub15ピンのほか、DVI-D出力も搭載。これにより、DVI端子を持つデスクトップPC向け液晶ディスプレイを外部ディスプレイとして利用可能とした。

 BTOに対応し、CPUにCore 2 Duo T7800(2.60GHz)を搭載可能なほか、メモリ/HDD/光学ドライブ/GPU/OS/無線LANなどの選択や、Intel Turbo Memory(1GB)も搭載できる。

 液晶パネルは1,920×1,200ドット(WUXGA)/1,440×900ドット(WXGA+)の2種類が用意される。GPUはAMD ATI Mobility Radeon HD 2600(512MB)とAMD ATI Mobility FireGL V5600(512MB)から選択可能だが、WXGA+液晶パネルを選択した場合、GPUはAMD ATI Mobility Radeon HD 2600に固定される。

 一例として、15.4型WXGA+液晶、CPUにCore 2 Duo T7250(2GHz)、チップセットにIntel PM965 Express、GPUにAMD ATI Mobility Radeon HD 2600、メモリ512MB(最大2GB)、HDD 40GB、CD-RW/DVD-ROMコンボドライブ、TPMセキュリティチップ、OSにWindows Vista Home Basicを搭載し、価格は149,940円。


チップセットにIntel PM965 Expressを採用し、一新された感じですね^^
これならば、最新のノートPCと言えそうです。

値段の方は実際にシミュレートしてみないと、実感は沸かないかも知れませんけど、必要な物とそうでない物とを大胆に切り分けて「見積もり」を出してみると、参考になると思います。

エプソンの場合は、宣伝コスト、流通コストを徹底的に抑えた、直販体制でここのところ長年やってきていますけど、その分お買い得感は非常に高いですね。



▼お見積もりはこちらから↓
Endeavor NJ5100Pro