DSC-R1


DSC-R1

金沢から1時間もあれば、宮島峡に行けますから、日帰りのドライブには最適なところです。

写真は一の滝と呼ばれている滝です。
落差は3m、小さなナイアガラとか?w呼ばれてるらしいですけど^^;
まあ、見ようによっては、見えないことも無いですかね?w




DSC-R1

結構親子連れが遊びに来ていましたね。


DSC-R1

一の滝と言うからには?二の滝もあるのか?
もちろんありますよw

遊歩道で川沿いを歩いて行きます。


DSC-R1

流れを見ながらのお散歩は気持ちが良いですね^^


DSC-R1

カワトンボですね。
家の近所(金沢の犀川上流)でも、よく見かけるやつです。

羽の色が黒いので、アオハダトンボだと推測されます。


DSC-R1

二の滝に到着。
三段になっているようです。

こちらは二段目と三段目で、落差は二段目が2m、三段目が5mあるそうです。



DSC-R1

二の滝でカブトムシの雌を見つけましたw
天然物ですなw


DSC-R1

こちらが一段目で落差は1mです。
幅は40mほどあるようですね。



DSC-R1

帰り道で見つけた、カメの赤ちゃん^^;
もしかして?
スッポン??


DSC-R1

さらに車で五分ほど上流へ進むと「竜宮淵」と言うところにまた滝があります。
三の滝と紹介されているケースもあるようですけど、実際には三の滝という案内板は出てきませんでした。


DSC-R1

十分に見応えのある眺めですから、三の滝でもおかしくはないと思いますけどね、、、。


DSC-R1

こちらも結構幅は広そうですね。
正確な資料が無いので、実際の数字はわかりません^^;


DSC-R1

一の滝、二の滝には水着姿で遊びに来ている人が何人かいましたけど、こちらは水遊びしている人はいませんでしたね。
なんだか、深そうに見えます。


DSC-R1

なかなか、見応えのある竜宮淵でした^^

DSC-R1ですけど^^
購入してもう半年ですかね?

すっかり、手になじんだ感じです。
初めの頃は「思いもよらぬ写真」の連発で、頭を抱えていましたが、さすがに半年使い込んで行くと、思った通りの写真に上がってくるようになりました。

というか?こちらがカメラに手なずけられてしまったかんじでしょうか?w

広角24mm相当はさすがにこういう写真では威力絶大!ですね^^
引くに引けないシーンでは、画角の広さの限界値が違うと、例えば35mm相当ですと全景を納めるのは不可能になりますからね。
しかも24mmでF2.8の明るさを誇りますから、中間ミラーの影響を受けないDSC-R1の広角は、文字通り使えます^^

DSC-R1はマクロ撮影に向かないと、一般的には思われがちですが、マクロ的な写真はかなりの高精度で撮影できますね。
ただし、オートフォーカスは使えない!と思った方が正解です。

今回もカワトンボとカブト虫はマニュアルフォーカスで撮影しています。
カメはオートで撮影しましたが、ピントがカメの顔ではなく甲羅に来てしまっています。

コントラスト検出方式だと、一般的にこういうピントになることが多いようですね。
マクロや商品撮影などはマニュアルフォーカスを使いこなさないと、DSC-R1の大口径レンズは使いこなせませんね、、、、。
まあ、広角側では被写界深度が深くなりますから、ラフにシャッターは押せますけど。

レンズ一体型(コンデジ)最強のDSC-R1は十分存在価値があると思います。
サイバーショットのWebサイトからも遂にDSC-R1が消されてしまいましたし、後継機種が出るとも思われません。

最初で最後の超弩級コンデジとなってしまったようですねw
ホントに戦艦ヤマトのような運命をたどったカメラと言えますなw