EOS-1Ds Mark III



キヤノン、約2110万画素35mmフルサイズのデジタル一眼フラッグシップ機「EOS-1Ds Mark III」:ニュース - CNET Japan
 キヤノンは8月20日、デジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデル「EOS-1Ds Mark III」を11月下旬より発売開始すると発表した。

 EOS-1Ds Mark IIIは、2004年11月に発売された「EOS-1Ds Mark II」の後継機種。CMOSセンサーが約1670万画素35mmフルサイズから約2110万画素35mmフルサイズへとブラッシュアップされた。常用設定できるISO感度は100〜1600で、感度拡張機能によりISO50の「L」、ISO3200の「H」も選択できる。

 また、高性能映像エンジン「DIGIC III」を2個搭載したデュアル DIGIC III構成により、秒間約5コマの連写と、JPEGラージで約56枚、RAWで約12枚の連続撮影を実現している。さらに、高速・高精度な19点(F2.8対応)クロスセンサーと26点のアシストセンサーを備えたエリアAF、倍率約0.76倍を実現した新開発ファインダー、2種類のライブビュー撮影機能、3.0型大型液晶モニターの搭載なども大きな特徴だ。


20Mピクセルという画素数にどの様な意味があるのか?
そんなことを思う必要さえ、もうどうでも良いことです^^;

これが、無敵!の一台であることになんら疑問の余地はありません。
「欲しくなってしまったら」かなりやばいアイテムですけど^^;
そうですねぇ、、、、、。
宝くじで100万円当たったら?これを買うかも知れませんなw

35mmフルサイズの受光素子で「ライブビュー」が使えるんですねぇ、、、、。
マウントアダプターさえあれば、事実上35mmフィルムサイズ以上の一眼レフレンズならどれでも使えてしまいますなw
3型液晶でライブビューできれば、絞り込んでも、マニュアルフォーカスレンズが快適に使えそうです^^;

canonがCONTAXを買収してくれませんかね?w
この規格を、そのままCONTAXGシリーズに詰め込んだら?最高だろうなあ、、、、、。

まあ、100万円の価値はあるアイテムだと思いますけど^^;



▼関連記事

キヤノン、2,110万画素になったフルサイズデジタル一眼「EOS-1Ds Mark III」
キヤノン、2,110万画素になったフルサイズデジタル一眼「EOS-1Ds Mark III」
 キヤノンは、35mm判サイズの撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラ「EOS-1Ds Mark III」を、11月下旬より発売する。価格はオープンプライスだが、店頭予想価格は前機種EOS-1Ds Mark IIと同レベルの90万円前後になる見込み。

 2004年11月に発売されたEOS-1Ds Mark IIの後継機種で、35mm判フィルムとほぼ同じ大きさの約36×24mmのCMOS撮像素子を継承するが、有効画素数が約1,670万画素から約2,110万画素に増えた。

 またボディが1D Mark III相当となり、新開発のシャッターユニットや測光センサー、ファインダーを搭載。画像処理エンジンがデュアルDIGIC IIIになり、液晶モニターがライブビュー対応の3型となった。