[夏休み特集:2007] Photoshopウェブアプリ化の行方は?--上半期の注目記事(前編):特集 - CNET Japan
ウェブアプリ版「Photoshop」登場は2週間以内?

 2007年3月のトップニュースは「アドビ、「Photoshop」をウェブアプリ化へ--無償版として提供予定」だ。

 記事の中で、Photoshopのウェブアプリ版が6カ月以内にリリースされる計画であると、AdobeのCEOが明らかにした旨が報じられている。
8月27日でその6カ月が経とうとしているが、あと2週間で無償のウェブアプリ版Photoshopはリリースされるのだろうか。


さて^^;
そろそろLeopardも登場しますし、MacMiniがCore2Duo搭載になって、買い時という感じがしています。

しかしながら、最大の問題点はソフトウェア資産ですね、、、、。
うちの場合マクロメディアの「studioMX」でOSXに対応して、一通りの事ができる体勢になっています。
たしか、amazonで10万円はたいて購入したと記憶しています。

もちろん、既に10万円くらいは元は取っていますので、無駄な投資だったとは思っていませんけど^^;
これのバージョンアップが約4万ほどという見積もりが出てきました^^;
まあ、Intelに移行する場合必須の出費になりますね。

イラストレーターはほとんど使用しないので、必要性は感じません。
ただし、「studioMX」に付属していた「Free Hand」というマクロメディア板イラレが開発終了してしまったため、イラレを代用するソフトウェアがありません^^;
まあ、Flashでイラストくらいなら描けるでしょうけどね、、、、、。

photoshopに関してはFireworksの出来が良ければ、まあそれでもいいかな?とは思いますけど^^;
ただ、やはりphotoshopの方が使いかっては良さそうですよね?
うちの場合、Web用の加工しかしませんからFireworksでも十分と言えば、十分ですが、、、、。

しかしながら!
そのphotoshopがWebアプリになって、これが実用十分なレスポンスを発揮してくれれば、ソフトウェアへの出費は「studioMX」だけで、何とか収まりますので、是非とも実現して欲しいと思うわけです^^;