altec CF204-8A        altec CF404-8A



さて、何日か聴き込んでききましたけど、どうも不満が残ります^^;
陶器独特の、高域での鳴きが耳障りな感じですね。

一般的なフェルトで吸音材は入れていますけど、これがどうも納得いかないのです、、、、、。
「吸音材」そのものが、なんだかいやなんですw

吸音することで何か損をしているような気がしてなりません、、、、。
吸音せずに、高域の鳴きを止める方法を色々と考えてみました。
そして、一つの結論に達しました!!

で、買ってきたのが、下の写真の段ボールのロールですw
怪しすぎますか??w




私の予想が当たっていれば、吸音材無しで、無共鳴エンクロージャーを作ることが可能なはずです。
まあ、共鳴するためのエンクロージャーを鳴かせないでどうする?
そう言う声も聞こえてきそうですけど、、、、。

とりあえず、段ボールのロールの谷間に接着剤を塗り、ストローを貼り付けて行きます。
ますます、怪しさ全開ですか??w



徹底的に貼り付けて行きます。
まだまだ足りません、、、、、^^;



巻き付けるとこんな感じですね、、、、、。



70mmにカットした段ボール+ストローを系40mmのパイプに巻き付けて行きます、、、、、。
これ以上巻くとエンクロージャーに入らなくなりますので、この大きさで一度エンクロージャーの中に押し込みます。



それから、さらに70mmのストローの帯を巻き付けて行きます。

今回の試みは「ナチュラルダクト」をエンクロージャー内に丸飲みしてしまおうという試みですね。



内部構造はこんな感じです。
ユニットにパイプを連結した物に、エンクロージャーをかぶせて、一番右側のジョイント+パイプを逆さまにしてねじ込んで固定します。



これで、できあがりです^^;

実際に音を出してみましたが、共鳴が見事に払拭されています!
陶器の箱独特の高域のピークが驚くほど解消されています。

もちろん、吸音材は一切使用していませんから、ユニットの空気を駆動するエネルギーは損なわれていない物だと推測されますね、、、、。

なぜ?共鳴が止まるのか??
丸い箱で、しかも硬質の陶器内で音波が自由に飛び回る状況だと、共鳴が起こりますね?
ナチュラルダクトを吸音材代わりに配置することによって、音波の自由な動きが制御されてしまいます。
音のエネルギーが一定方向にしか移動できない状態になるからですね。

これを私自身は、音の触媒効果と考えています。
考えは、随分前に頭の中でできあがっていたんですけど^^;
どうやってそれを具現化するか?
それが、至難の業でした、、、、、。

今回は、ロール段ボールとストローを組み合わせることによって、とりあえず実証実験は成功したと思います。
吸音材のように、音のエネルギーを吸収してしまうことによって、バランスを保つのはなにかもったいない感じがしていました。
何とか、エネルギーを損なうことなく、共鳴だけを止める手だてはない物か?
そうやって、長い時間悶々と考えを巡らせていたわけです^^;

前回は「ダブルバスレフ」という手法で「ナチュラルダクト」を組み込んでみましたが、うちの箱だと、ダブルバスレフでは意味を成さないと言うことが、次第にハッキリしてきたんです。
なぜなら、第一空気室内で既に陶器独特の「共鳴」が発生しているわけですから、ダブルバスレフで50Hz〜100Hzだけをブーストしてみたところで、共鳴が起こっている箱には違いないと感じたからです。

一番最初に発生している共鳴を止めなければ意味がないわけですね、、、、、。
今回の実証実験では、最初に発生する「共鳴」を止めることに成功しましたから、音のバランスはさらに良くなりました。

音波の運動の方向を制御しながら、エネルギーを損なわない!
ナチュラルダクトには色々と感心させられます^^;

ただ、これだけ工作に手間がかかると「お勧め!」という感じは無くなりますけど^^;
それでも、手間以上に効果は絶大ですね^^;

私自身、オリジナルのナチュラルダクトと今回の「無共鳴エンクロージャー」の音の違いを確かめてみたくなりました^^;
まあ、いずれはナチュラルダクトさんに敬意を表して作ってみるつもりではいるんですけど、、、、。
どうしても、自分自身のオリジナルの方が優先になってしまいますね^^;



にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村