成長見込まれる薄膜太陽電池、2015年には市場の3分の1に:ニュース - CNET Japan
成長見込まれる薄膜太陽電池、2015年には市場の3分の1に
文:Martin LaMonica(CNET News.com)
翻訳校正:編集部

 急成長中の太陽光発電市場において、薄膜技術を用いた太陽電池の比率は2015年には3分の1になると調査会社のNanoMarketsは予想している。

 NanoMarketsは米国時か案8月6日に発表した調査レポートで、薄膜太陽電池市場の急速な立ち上がりを予想、市場は2007年の10億ドルから、2015年には72億に増加するだろうという。

 薄膜太陽電池は結晶シリコンウエハを利用しており、レポート執筆者はこれまでの太陽電池と比較した利点をいくつか挙げている。

 薄膜太陽電池の素材はさまざまで、接着基面も限定されない。つまり、製造メーカーは発電する壁、屋根、さらには窓を製造できる。

 光を電気に変えるこれまでの太陽電池は製造コストがかかったが、薄膜太陽電池の薄膜製造プロセスは製造コストも低いという。

 このような長所を持つ薄膜太陽電池だが、欠点もある。太陽電池情報に特化したウェブサイト、SolarBuzzによると、薄膜太陽電池の効率は従来の太陽電池より低く、素材の中には時間が経過すると劣化するものもあるという。


太陽電池の発電効率についてですけど、、、、、、。
もちろん、従来の燃料から電力を供給する物と比較しても、あまり意味はなさないと感じます。

太陽電池の場合、エネルギー源は太陽光線ですので、実質無料で手に入ります。
ですから、多少の効率の違いよりも、「導入コスト」の方が重要なわけです。

従来の太陽電池の概念では、建造物に太陽電池を取り付ける。
と言う使い方でした。

薄膜太陽電池の場合、発電能力のある建造部材を供給することが可能になるのでは?
そう感じますね。
例えば、屋根瓦の一枚一枚が太陽電池である、と言った感じでしょうか?

そうなると、施工費用が従来よりも安くなる可能性は大きいです。
住宅の壁や屋根がそのまま発電施設になれば、画期的ですよね?