icon
icon
ペンタックス K10D
icon

カメラグランプリ2007発表--グランプリはペンタックス「K10D」に - CNET Japan


カメラグランプリ2007発表--グランプリはペンタックス「K10D」に

 カメラ記者クラブは5月17日、1年以内に日本国内で発売されたスチルカメラの中から、もっとも優れた1台を選び表彰する「カメラグランプリ2007」の結果を発表した。

 1984年から開始されたカメラ記者クラブ主催の「カメラグランプリ」は、その1年間に日本国内で新発売されたスチルカメラの中から、もっとも優れたカメラ1機種を選び表彰するもの。選考方法は、カメラ記者クラブに加盟している11誌の編集長(もしくはそれに代わる雑誌代表者)、カメラ記者クラブ会員、カメラグランプリ実行委員会が委託した21名の外部選考委員と8名の特別選考委員による記名投票で行なわれる。

 カメラグランプリ2007の選考対象は、2006年4月1日から2007年3月31日までに発売された159機種。その中でグランプリの栄冠に輝いたのはペンタックスの「K10D」で、デジタル一眼レフカメラが6年連続の受賞となった。ペンタックスは1998年の「645N」以来、9年ぶり3度目の受賞となっている。


カメラグランプリですか?
K10Dのどこが評価されたのでしょうか??

防塵・防滴ボディ、CCDシフト方式手ブレ補正機構(SR)「シェイクリダクション」機能、ゴミ除去機能搭載(DR)「ダストリムーバル」機能搭載。
新画像エンジン(PRIME)「プライム」と有効1020万画素CCD搭載により高画質を実現。
大型ガラスペンタプリズム採用、ペンタックス独自の定評のハイパープログラム&マニュアルに加え「感度優先」モード「シャッター速度&絞り優先」モードを新搭載!

なるほど、、、、、。
基本性能をできる限り高く設定している感じですね。




さらに進化したボディ内蔵手振れ補正機構
K100Dで定評のあるペンタックス独自の磁力による撮像素子シフト方式のボディ内手振れ補正機構SR「シェイクリダクション」を搭載。更にK10D独自チューニングにより従来以上の手振れ補正効果を実現。シャッター速度にして約2.5〜4段分。被写界深度の浅い望遠レンズやマクロレンズの使用時、光量の少ない夕方や室内での手持ち撮影に威力を発揮します。またボディ内による手振れ補正なのでK10Dに装着出来るすべてのレンズで手振れ補正が可能です。
※補正効果はレンズ種類や撮影条件により異なります。

解像度の極めて高い画像を生む、有効1020万画素・大型CCD搭載
撮影素子には有効画素1020万画素の大型CCD搭載。23.5×15.7mmの大型サイズと1020万画素の解像度により高精細かつ美しいボケ味を実現。SMCペンタックスレンズの高額性能をフルに発揮します。また広いダイナミックレンジによハイライトからシャドウ部まで豊かな階調が得られます。

icon
icon


420万階調を実現した22ビットA/D変換
撮像素子から出力されるアナログ信号をデジタル化するA/D変換部に現在のコンシューマーデジタルカメラでは最高レベルとなる22ビット(420万階調)処理を採用。従来の12ビット処理と比較し理論上1024倍の画像情報が得られ、優れた階調表現が可能です。デジタルらしさのない自然が階調で表現が可能となります。

新開発の画像処理エンジンPRIME(プライム)
1020万画の高画素と22ビットという膨大な画像情報を高速、高画質に処理するペンタックス画像処理エンジン「PRIME」(プライム)を搭載。ナチュラルな階調表現と高速な処理を実現。

6モードAEとペンタックス独創のハイパーオペレーション
☆露出制御にISO感度の概念をプラスした新コンセプトのAEモードを搭載
シャッター速度、絞りに加えISO感度も露出決定の重要な要素です。それが柔軟に変更出来るデジタルならではのメリットを最大限に活かした画期的な露出モードです。

<Sv感度優先>
背面のダイアルで1/3ステップで感度を任意に設定。シャッター速度と絞りはカメラが自動制御します。
<TAvシッター&絞り優先モード>
シャッター速度と絞りを任意で設定。設定した感度で適正な露出が得られる様、カメラが自動制御します。

・その他Tv・Av・ハイパープログラム・ハイパーマニュアル・全自動など撮影意図に合わせて柔軟な撮影方法が可能です。

<ハイパープログラム>
プログラムAE撮影時にも、前後の絞り・シャッターそれぞれのダイアルを回すだけで瞬時にシャッター速度優先にも絞り優先にも対応するペンタックス独自のハイパープログラム機能を搭載。モードダイアルを回す事なく瞬時にシャッター速度優先にも絞り優先にも撮影者の意図にスピーディに対応出来る画期的なペンタックスだけのシステムです。
<ハイパーマニュアル>
カメラ上面のシャッターボタン近くのグリーンボタンを押す事により瞬時にカメラが設定したシャッター速度&絞りに設定されます。露出計を見つつシャッターダイアルや絞りダイアルを操作する手間が大幅に少なくなります。もちろんグリーンボタンにより設定された設定値から任意に絞りもシャッター速度も変更可能です。

icon
icon

像倍率0.95倍、視野率95%の大型ガラスペンタプリズムファインダー
ファインダー光学系には高品質大型ガラスペンタプリズムを採用。倍率0.95倍、視野率95%を誇り、ナチュラルブライトマットスクリーンIIと併せ、クリアーでピントの山の分かり易いファインダーを実現。オートフォーカス使用時だけでなく、マニュアルフォーカス時の精密なピント合わせに高い効果を発揮します。

icon
icon

72ヶ所もの徹底したシーリングを施した高度な防塵・防滴構造による高い信頼性
操作部やボディの合わせ面を徹底シーリング。内部のデリケートな機器を保護。悪条件下の撮影に威力を発揮します。

icon
icon


撮像素子部へのホコリの付着を防ぎ振り落とす「SPコーティング」とホコリ除去機能(DR)「ダストリムーバル」
ローパスフィルターにSPコーティング処理をしホコリの付着を低減。万が一付着しても(DR)「ダストリムーバル」機構で振るい落し撮影画像へのホコリの写り込みを低減します。

icon
icon


なるほど、、、、、。
ここまでの説明を見ただけでも、力の入れ方がかなりの物だと感じられますね。

持てる限りの技術を結集して「良い物」を作ろうとしている意気込みが感じられるわけですね^^
この中で、一番気になったのはペンタプリズムですね。
早速覗きに行きたくなりましたw

データ参照元▼上新電機
icon



▼歴代カメラグランプリを掲載されている方がおられました^^
エイピアの適当日記 : 歴代カメラグランプリ


歴代カメラグランプリ

第 1回 (1984年) ニコンFA(日本光学工業株式会社・現株式会社ニコン)
多分割測光の元祖(ミノルタ元祖説もある)文句なし
第 2回 (1985年) ミノルタα-7000(ミノルタカメラ株式会社・現ミノルタ株式会社)
初代AF一眼レフカメラ。名機
第 3回 (1986年) キヤノンT90(キヤノン株式会社)
EOSの原型、マルチスポット測光とハイライト&シャドーコントロールを含む多機能機
第 4回 (1987年) キヤノンEOS650(キヤノン株式会社)
初代EOS
第 5回 (1988年) KYOCERA SAMURAI(京セラ株式会社)


なるほど、、、、、。
contaxではRTS3,G1がノミネートされていたんですね。
N1はないのね?w


【伊達淳一のデジタルでいこう!】ペンタックスK10D
【伊達淳一のデジタルでいこう!】ペンタックスK10D

〜製品版ファーストインプレッションと気になる点
Reported by
伊達 淳一

 ペンタックスK10Dの発売まであと数日。一足先にK10Dを使う機会を得たので、今回はそのファーストインプレッションと、使ってみて気になった部分を話そうと思う。



改めてレビュー記事をググって見ると。。。。
なるほど、このカメラ問題山積みながら、描写はかなりの物ですね。

レビュー写真で、これほど安定した画質を見るのは初めてです^^;
不満な点もたくさんあるけど、できあがる写真が良い感じです。

結果的に「使える」デジカメだったわけですね?
ダントツで1位を獲得したようですし、、、、。