ロジテック、あらゆるメディア対応の「データ復旧サービス」を開始へ - CNET Japan
 ロジテックは5月16日、ハードディスクやリムーバブルメディア、フラッシュメモリなど、さまざまなメディアが故障などでデータを読み出せなくなったときにデータを復旧する、個人および法人向け「データ復旧サービス」を6月1日から開始すると発表した。

 対象となる記憶メディアは、HDユニットのほかにFD/CD/DVD/MOの各メディア、SD/CFなど各種フラッシュメモリ、サーバやRAIDデータ、暗号化データなどで、幅広いメディアやデータ形式に対応している。また、他社製品のデータ復旧にも対応する。



サービスはうれしいのですけど^^;
問題は値段なわけです^^;

この手のサービスは、最近でこそ比較的廉価な物が登場してきましたが、数GBに及ぶデータだと数百万円!とかいう天文学的な金額になることもしばしばで、、、、、。

私のようにPCサポートの仕事をしていると、こういった依頼が多いのは事実ですね。
まあ、ファイナルデータで救出不能の場合は、「うちでは無理です!」
と、丁重にお断りしてますけど^^;
ロジテックさんだと取引先ですので、そう言った依頼を振ることが可能になりますね。

ただし!問題はやはりご予算なわけです^^;
6月初めくらいには?
ハッキリするんでしょうかね??
期待してます^^



プレスリリース - >「データ復旧サービス」を6月1日より開始!- ロジテック
ロジテック株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:葉田順治)は、HDDをはじめ、リムーバブルメディアやフラッシュメモリなど、様々なメディアが故障などでデータを読み取れなくなった場合に、失われたデータを取り戻す「データ復旧サービス」を6月1日より開始致します。
ロジテックでは新たなるサービスとして、ハードディスクをはじめとする様々な記憶メディアが障害を起こし、内部データを読み取れなくなった場合に、特殊技術を使って内部にあるデータを復旧させる「データ復旧サービス」を6月1日より開始致します。周辺機器メーカーによる本格的な「データ復旧サービス」は、ロジテックが業界で初めてとなります。対象製品は弊社製品はもちろん、他社製品のデータ復旧にも対応いたします。



ロジテックダイレクト