アマゾン、DRMフリーの楽曲を販売へ - CNET Japan
 Amazon.comは2007年内にデジタル音楽ストアをオープンし、デジタル権利管理(DRM)技術の施されていない楽曲をダウンロード提供する予定だ。

 Amazonは米国時間5月16日、12000社以上のレコード会社と提携し、DRM技術の組み込まれていない、MP3フォーマットの楽曲を提供することを発表した。
レコード会社各社はこれまで、著作権で保護された音楽ファイルを違法配布する手段をユーザーに提供したPtoP企業と戦ってきたが、最近はDRMフリーの楽曲を提供する考え方を受け入れるところも出てきている。

 Amazonの最高経営責任者(CEO)であるJeff Bezos氏は声明で「すべての楽曲でMP3を採用する。これは、Amazonで購入する楽曲のすべてがDRMフリーとなり、どのデバイスでも再生できるようになることを意味する」と述べる。


DRMフリーの動きが一気に加速しそうな感じですね、、、、。
これでよいのだと思いますが?

日本の著作権保護団体の反応が気にはなりますね^^;

まあ、最近の日本のミュージックシーンは「賞味期限」が極端に短く、もたもたしてるとすぐに腐って売り物にならなくなりますw
腐らせる前に、いかに売り切るか!
ここに売り上げ獲得の全てがあるわけですよ?

リッピングとかコピーとか言われてますけど、自分の持っている音楽デバイスで再生できるデーターが欲しいから、それを行うわけですよね?
すぐに使えるデータが、安価に手に入るなら、一番手っ取り早い方法を取る人が多いのは当然のことだと思います。

現状の音楽配信では、単純にバックアップしたデータを戻しても再生できなかったり、携帯プレーヤーに転送できる回数に制限があったり、一部のメーカーのプレーヤーでしか再生できなかったり、、、、。




こんなデータ??

使えねええ!!



当然、買いませんよね??
そんなもん買うくらいならレンタルCDからリッピングしたり、リッピングしたデータを交換したりしたほうが、よっぽど、

使えます!



日本の著作権保護団体の

おまえら殿様か?役人か??



と言う、あり得ない対応ぶりには、あきれて物を言う気にもなりませんし、日本のDLサイトでは絶対に楽曲は購入しません^^;

まあ、私も念願のiPodユーザーの一人になったわけでw
iTmsのみですね、購入するのは^^;

amazonが日本でも同様のサービスを展開してくれて、iTmsで取り扱われていない楽曲を提供してくれるなら、それは買うかも知れません^^

まあ、私たちはお金を払って楽曲を購入するわけで、お客様の方が役人より殿様よりさらに上の

神様!なんです!

お客様は神様です!!



この精神を忘れて、いかなる商売も成り立たないことを、知らないベンダーに未来は有り得ません!

amazon