富士通、ソニー製バッテリの交換対象を追加
 富士通株式会社は3月1日、「ソニー株式会社のバッテリーパック自主交換プログラムについて」という文書を更新し、リチウムイオンバッテリの自主回収の対象を追加した。

 一部のバッテリの製造番号についてソニー側の確認方法に不備があったため、交換対象のバッテリがリストから漏れていたという。交換対象のモデルに追加はない。同文書はこれまで5回更新されており、現在までに、FMV-BIBLOやLIFEBOOKシリーズなどにおいて同様の追加があった。

 国内では、FMV-BIBLO LOOX PシリーズとFMV-LIFEBOOK Pシリーズのオプションである「内蔵バッテリパック(L)」(物品番号CP229726-01/製造番号6117)と、FMV-BIBLO LOOX Tシリーズの内蔵バッテリパック(L)(物品番号CP234020-02/製造番号6224)が追加されている。

 富士通は、該当機種を使用しているユーザーは、バッテリーパックの製造番号を再度確認して欲しいとしている。


まだ、でてきますか?
なかなか根が深いですね、、、、、。


リチウムイオン充電池問題 リンク集
 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ