アンモニアで走る自動車 国内初、工学院大が開発 - CNET Japan
 工学院大学工学部(東京都新宿区)の雑賀(さいか)高教授(52)らの研究グループが、液化アンモニアを燃料とした「燃料電池自動車」を開発した。アンモニアから取り出した水素を酸素と化学反応させ、発生した電気を動力とする仕組み。約1リットルのアンモニア燃料で連続75分間の走行能力がある。

 液化アンモニアを燃料とする自動車の開発は国内では初めてとしている。爆発などの危険のある液化水素を使用する従来の燃料電池自動車に比べ安全性が大幅に向上できるなどのメリットがある。下水処理などで回収したアンモニアを有効活用できる可能性もあるという。

 水素を燃料とする燃料電池車は、水しか排出しない“究極のエコカー”として自動車メーカーなどが開発を進めている。

 研究グループが開発した燃料電池車は、市販の軽自動車がベース。液化アンモニアのボンベ、アンモニアから水素を取り出す分解装置、電気を発生させる燃料電池システム、電気を蓄えるバッテリー、駆動用の電気モーターを搭載した。車体の総重量は850キロ。このほか行った実験では、75分間に平均時速30キロで37・5キロを走行できることを確認した。


確かに、アンモニア燃料電池という話は以前に聞いたことがありますね。
実証試験をやってるんですね^^
ちょっとびっくりです。

アンモニアで走る自動車 国内初、工学院大が開発 - CNET Japan
 このほか、高濃度のアンモニアガスが発生し漏れ出すと、生命の危険が及ぶため、接合部の密閉などの技術開発も今後の課題になる。


うーーん、、、、。
これって?致命的な感じがするんですけど、、、、、。

どうなんでしょうか??
 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 

Trackbacks List

  1. 1. 【日産】エコロジーカー

    • [豊胸の画像]
    • 2007年02月20日 22:53
    • このようなところで日本の技術を世界にアピールしてもらいたいですね。それにしても一番きにしないと駄目な国は中国なんですけどあの国はペンキで山をぬったり有毒な排気ガスを日本に送り込んだり何を考えているのかわかりません。
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ