奥行き30cm以内が新スタンダード--ソニー、System 501は大人のコンポ - CNET Japan
 System 501は、ステレオデジタルアンプ、SACD/CDプレーヤー、スピーカーシステムの3点から成るシステムコンポ。奥行きを30cm以内に収めたコンパクトボディを実現することで、寝室や本棚など、今までの単品コンポでは設置できなかった場所への設置場所拡大を提案している。

 コンパクトボディながら、独自の高音質再生技術、32bitフルデジタルアンプ「S-Master PRO」や視聴位置に最適な音場を自動的に補正する「D.C.A.C.」など、同社の高級オーディオ同様の設計思想と技術を投入。サイズが小さな分、メイン基板のワンボード化、基板配置のリニューアルなどを行い、コンパクトさを高音質を両立させた。



icon
icon
ステレオデジタルアンプ TA-F501
icon

そうですねえ^^;
良い音がしそうな感じはしますね、、、、、。

自動音場補正機能(D.C.A.C.)
まあ、最近のはやり何でしょうけどね、、、、。
個人的には、必要ないというか、、、、そう言うチューニングを自分であれこれやってみるのが面白みというか、、、。
まあ、機械の判断と、自分の判断とを比べてみるには良いかも知れませんけど^^;

欧州では2chピュアオーディオへの回帰と言うのが、流行らしいですけどね、、、、。
まあ、これから定年を迎えて、あの頃の音楽をじっくり聞き込みたいという世代には良いのでしょうかね?

32bit処理とかいわれると、さすがにすごそうな感じがしますね、、、、。
アナログと異なり、デジタルの世界は日進月歩の発展途上なので、新しい技術ほど良い物になると言うのはあり得る話なわけです。

こうなってくると、CDの音質があまりにも情報が少なすぎる感じはしますね。
SA−CDに未だにこだわっているようですけど、、、、、。
DVDオーディオも終演しそうな現状で、SA−CDの復権はあまりにも非現実的な感じはしますな。

やはりBDかHD−DVD何でしょうけどね、、、、。




消費詳細

自然で伸びやかに。音楽の表情を生き生きと描写します

ソニーがハイグレードアンプで培ってきたフルデジタルアンプ、その新しい音楽の表現力をコンパクトなステレオアンプとして作り上げました。ワンボード方式メイン基板の採用などにより、小型ながらもESシリーズに迫るクオリティを実現しました。

進化した32ビットS-Master PRO
スイッチングドライバーとパワーMOS-FETを直結したワンチップパワーデバイスを新開発。自然で伸びやかな音のクオリティーをさらに高め、にじみのない瑞々しい音の質感を獲得しました。32ビットS-Master PROは、高精度な32ビット処理に加え、好みによりアナログアンプに近い低音感を再現できる「DCフェーズリニアライザー」と音質劣化の少ない音量調整が可能な「パルスハイトボリューム」技術を投入しています。

ワンボード方式メイン基板
すべての信号回路を1枚の基板上に構成しました。音の入り口から出口までコネクターによる不要な接点がないので、音の劣化を最小限に抑えます。ノイズの影響の少ないクリアな音を再生します。

直上型電源基板
音響専用に開発し、電源供給能力やノイズなどの問題を解決した高品位なパルス電源を採用。メイン基板の上に電源基板を重ねる直上型レイアウトとしました。メイン基板上の必要な回路に最短距離で電源供給が行えるので、鮮度の高い音を再現できます。

自動音場補正機能(D.C.A.C.)
32ビット浮動小数点型DSPによる自動音場補正機能「D.C.A.C」を搭載。スピーカーの距離、音量、極性などを付属のステレオマイクで測定し、6バンドのパラメトリックイコライザーで複雑な周波数特性の補正を行います。定在波などによる音質への影響を抑えることで、音の定位感や空気感を向上させ、オーディオ機器が持つ本来の力をいかんなく発揮させます。

高剛性FBシャーシ
2mm厚の金属ベースとアルミ押し出し材で構成した堅牢なFBシャーシを採用。メイン基板は金属ベースに真鍮製の支柱を立てて強固に固定しています。音質に重大な影響を与える振動を排除し、音のにごりを防ぎます。

ブロック形状のヒートシンク
S-Masterの高効率な特性を生かし、小型のヒートシンクを採用。ブロック形状とすることで、振動の影響を受けにくくするとともに、ヒートシンク自体の重量により、アンプ回路の振動を低減させる効果もあります。

大型ブロックコンデンサー
6個の大型ブロックコンデンサーにより、トータル25000MFの大容量を実現。瞬間的な大音量にも追従する余裕のある音を再現します。

高音質スピーカーターミナル
スピーカーターミナルの端子部は、異種金属の接合を避け同一金属で構成。上位モデルと同じ高品質ターミナルを採用しました。

多彩なサラウンドフォーマットに対応
ドルビーデジタル、DTS、MPEG-2 AAC信号のデコーダーを搭載。2ch信号へのダウンミックスを高音質で行います。デジタル入力端子は、光1系統、同軸3系統を装備。


消費詳細

自然で伸びやかに。音楽の表情を生き生きと描写します

ソニーがハイグレードアンプで培ってきたフルデジタルアンプ、その新しい音楽の表現力をコンパクトなステレオアンプとして作り上げました。ワンボード方式メイン基板の採用などにより、小型ながらもESシリーズに迫るクオリティを実現しました。

進化した32ビットS-Master PRO
スイッチングドライバーとパワーMOS-FETを直結したワンチップパワーデバイスを新開発。自然で伸びやかな音のクオリティーをさらに高め、にじみのない瑞々しい音の質感を獲得しました。32ビットS-Master PROは、高精度な32ビット処理に加え、好みによりアナログアンプに近い低音感を再現できる「DCフェーズリニアライザー」と音質劣化の少ない音量調整が可能な「パルスハイトボリューム」技術を投入しています。

ワンボード方式メイン基板
すべての信号回路を1枚の基板上に構成しました。音の入り口から出口までコネクターによる不要な接点がないので、音の劣化を最小限に抑えます。ノイズの影響の少ないクリアな音を再生します。

直上型電源基板
音響専用に開発し、電源供給能力やノイズなどの問題を解決した高品位なパルス電源を採用。メイン基板の上に電源基板を重ねる直上型レイアウトとしました。メイン基板上の必要な回路に最短距離で電源供給が行えるので、鮮度の高い音を再現できます。

自動音場補正機能(D.C.A.C.)
32ビット浮動小数点型DSPによる自動音場補正機能「D.C.A.C」を搭載。スピーカーの距離、音量、極性などを付属のステレオマイクで測定し、6バンドのパラメトリックイコライザーで複雑な周波数特性の補正を行います。定在波などによる音質への影響を抑えることで、音の定位感や空気感を向上させ、オーディオ機器が持つ本来の力をいかんなく発揮させます。

高剛性FBシャーシ
2mm厚の金属ベースとアルミ押し出し材で構成した堅牢なFBシャーシを採用。メイン基板は金属ベースに真鍮製の支柱を立てて強固に固定しています。音質に重大な影響を与える振動を排除し、音のにごりを防ぎます。

ブロック形状のヒートシンク
S-Masterの高効率な特性を生かし、小型のヒートシンクを採用。ブロック形状とすることで、振動の影響を受けにくくするとともに、ヒートシンク自体の重量により、アンプ回路の振動を低減させる効果もあります。

大型ブロックコンデンサー
6個の大型ブロックコンデンサーにより、トータル25000MFの大容量を実現。瞬間的な大音量にも追従する余裕のある音を再現します。

高音質スピーカーターミナル
スピーカーターミナルの端子部は、異種金属の接合を避け同一金属で構成。上位モデルと同じ高品質ターミナルを採用しました。

多彩なサラウンドフォーマットに対応
ドルビーデジタル、DTS、MPEG-2 AAC信号のデコーダーを搭載。2ch信号へのダウンミックスを高音質で行います。デジタル入力端子は、光1系統、同軸3系統を装備。
 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ