Vistaパソコン総点検(1)ソニー、富士通のリビング向けPCに注目 PC&デジタルカメラ-最新ニュース:IT-PLUS

 マイクロソフトの新OS「Windows Vista」の30日発売を控え、パソコンメーカー各社からVista搭載の新製品が続々と登場してきた。総勢18社の247機種が15日に一斉発表され、翌16日にはソニー、翌々日の17日には松下電器産業も新機種を披露した。各メーカーの製品群の何割かは継続販売の形で衣替えしない機種が残るとの予想もあったが、ほぼ全モデルがVista搭載機へと移行することとなった。当コラムでは3回にわたって、その製品や関連する動きなどを追っていきたい。


さて、いよいよ動き出しそうですね、、、、。
1月30日でしたっけ??

激しいデッドヒートを繰り広げるようですねえ、、、、、。

Vistaパソコン総点検(1)ソニー、富士通のリビング向けPCに注目?PC&デジタルカメラ-最新ニュース:IT-PLUS
(1)秋冬モデルを継承したNEC
?<拡大>NECの「VALUESTAR S」 主要メーカーに目を向けると、まずNECは基本的には秋冬モデルを継承した製品となっているようだ。すでに昨年モデルの段階でVistaに対応できる性能を備えた製品に作り込んでいたことや、搭載OSに関わらず使いやすさを重視する方向にあったこともあって、今回発表の製品にまったくの新モデルはない。既存のシリーズに磨きをかけた点が変化の中心となる。


NECは正攻法で攻めてくるようですね。
まあ、NECのユーザー層は古くからPCを使い込んできた方や、VISTAがでるから、そろそろ普通にパソコンを買い換えようか?と言う客層が多いような感じはしますね。
先ずは、そう言う顧客を惑わすことなく、しっかりと受け止めようと言う感じなのでしょうか?

そう言ったユーザーは目先の変わった物や、使い勝手が変化するのを嫌う傾向にありますから、慣れ親しんだ「パソコン」が寿命に近づいてきたから買い換えるという感じだと思います。

▼NEC Direct
▼NEC ビジネスPC&PCサーバ「得選街」


Vistaパソコン総点検(1)ソニー、富士通のリビング向けPCに注目?PC&デジタルカメラ-最新ニュース:IT-PLUS
 ソニーと富士通の2社は秋冬モデルを継承する一方で、家庭の大画面テレビと組み合わせて使うことを意識した新しいモデルを投入した。富士通はDVDレコーダー型の「FMV-TEO(テオ)」、ソニーは米家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」でも展示されて話題を呼んだ“テレビサイドPC”こと「VGX-TP1」がそれだ。
 両機とも近年では珍しい、ディスプレーがない本体部のみの製品だ。だが、同様にディスプレーがない格安機などと違うのは、液晶やプラズマなどのリビングの大画面テレビを使うことを前提としている点だ。市販のパソコン用モニターにつなぐことも可能ではあるが、基本は、ハイビジョン画質の映像をやり取りできるHDMIケーブルを介してテレビへ出力する使い方が中心となる。テレビがデジタル化し、高解像度化も進んだからこそ成り立つシステムといえそうだ。


SONYと富士通の戦略は「地デジ」騒ぎで急激に買い換えが進みつつある、次世代型薄型テレビを購入した客層を狙おうという感じなんでしょうかね?

まあ、メディアの扱い方が刷新されると思わせるVISTAですから、DVDレコーダーやHDDレコーダーが「地デジ」対応でなかった事に痛く衝撃を受けた層を取り込もうという感じなのかも?知れませんなw

リビングPCとして、写真やメディアを中心に使いたい人たちなら、せっかくの大画面プラズマTVを有効に活用したいと考えるのは、当然の考え方といえますよね?
規格が変わるごとに、使えなくなるデジタル家電の融通が利かないあり方は、はっきり言って不親切というか、、、、、、。(詐欺???w)

Sony Style(ソニースタイル)
VAIOラインアップ

富士通

Vistaパソコン総点検(1)ソニー、富士通のリビング向けPCに注目?PC&デジタルカメラ-最新ニュース:IT-PLUS
(3)初のHD-DVD-Rドライブを搭載・東芝
?<拡大>「HD?DVD−R」ドライブを搭載した東芝の「Qosmio G30」 HD-DVD陣営の盟主である東芝は、大画面AVノートの「Qosmio」のハイエンド製品「G30/97A」に、パソコンで初となる記録型の「HD-DVD-R」ドライブを搭載した。内蔵の地上デジタルチューナーで録画した映像を、ハイビジョン画質のまま、HD-DVDディスクに移動して保存できるようにした。
 依然、RW(書き換え型)メディアに対応できていないのは惜しいが、ともあれBD陣営に一矢報い、希少で個性的な選択肢を提示した形だ。


ここのところ、色々と苦戦を強いられている東芝ですが^^;
次世代ブラウン管SEDのライセンス問題や、BD陣営に書き込み対応HD−DVDで後れをとってしまった感は否めませんね、、、、。

まあ、ここにきてハイビジョン規格を記録できるモデルを出荷できたことは、まさに一矢報いた?と言うところでしょうか??

▼東芝ダイレクトPC by Shop1048(Toshiba)


Vistaパソコン総点検(1)ソニー、富士通のリビング向けPCに注目?PC&デジタルカメラ-最新ニュース:IT-PLUS
 実は、各社がそうしたハードウエアの使いやすさや、デザインを含めた個性をより重視しはじめたのは、Vista移行にかかわる共通の悩みが背景にある。今回登場した製品ではHome Premiumを採用したパソコンが全体の7割を占めた。Home BasicにはないAero機能を利用でき、見栄えが美しいのがPremiumのメリットだが、それと引き換えに各社の独自性が損なわれる危険が伴うからだ。
 というのも、VistaのPremium版を採用すると、マイクロソフトから機能に関わる事実上の制約が課される。パソコン内の映像や画像、楽曲などのコンテンツ再生ソフトとして「Windows Media Center」を使うことと、付属のリモコンにそれを呼び出すための緑色のボタンを付けることだ。


そうですねえ、、、、。
appleがアップルコンピューターという社名を、apple.incに改名してしまうくらい、コンピューターの進化に疑問を抱き始めてるんだと感じますね、、、、、。

マイクロソフトが色々やってくれると、ハードメーカーの特徴を出しにくくなる、パソコンとしての使い勝手に自社のオリジナリティを出しにくくさせてしまう危険性はありますよね?

windowsが完璧に完成されたインターフェースを備えてしまうと、ハードウェアはただ単にwindowsが動作する箱であれば良いことになります。

appleの場合、ハードウェアとソフトウェアを完全に統合した形でデザインできる唯一のパソコンメーカーですから、好きかってやれますしね、、、、。

昔はねえ、、、、。

NECも富士通も、シャープも自社でOSとハードを開発販売してたんですけどね、、、、、、。
あw
もう1/4世紀も昔の話ですよ?w
まあ、NECのユーザー層は古くからPCを使い込んできた方や、VISTAがでるから、そろそろ普通にパソコンを買い換えようか?と言う客層が多いような感じはしますね。
先ずは、そう言う顧客を惑わすことなく、しっかりと受け止めようと言う感じなのでしょうか?

そう言ったユーザーは目先の変わった物や、使い勝手が変化するのを嫌う傾向にありますから、慣れ親しんだ「パソコン」が寿命に近づいてきたから買い換えるという感じだと思います。

▼NEC Direct
▼NEC ビジネスPC&PCサーバ「得選街」


Vistaパソコン総点検(1)ソニー、富士通のリビング向けPCに注目?PC&デジタルカメラ-最新ニュース:IT-PLUS
 ソニーと富士通の2社は秋冬モデルを継承する一方で、家庭の大画面テレビと組み合わせて使うことを意識した新しいモデルを投入した。富士通はDVDレコーダー型の「FMV-TEO(テオ)」、ソニーは米家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」でも展示されて話題を呼んだ“テレビサイドPC”こと「VGX-TP1」がそれだ。
 両機とも近年では珍しい、ディスプレーがない本体部のみの製品だ。だが、同様にディスプレーがない格安機などと違うのは、液晶やプラズマなどのリビングの大画面テレビを使うことを前提としている点だ。市販のパソコン用モニターにつなぐことも可能ではあるが、基本は、ハイビジョン画質の映像をやり取りできるHDMIケーブルを介してテレビへ出力する使い方が中心となる。テレビがデジタル化し、高解像度化も進んだからこそ成り立つシステムといえそうだ。


SONYと富士通の戦略は「地デジ」騒ぎで急激に買い換えが進みつつある、次世代型薄型テレビを購入した客層を狙おうという感じなんでしょうかね?

まあ、メディアの扱い方が刷新されると思わせるVISTAですから、DVDレコーダーやHDDレコーダーが「地デジ」対応でなかった事に痛く衝撃を受けた層を取り込もうという感じなのかも?知れませんなw

リビングPCとして、写真やメディアを中心に使いたい人たちなら、せっかくの大画面プラズマTVを有効に活用したいと考えるのは、当然の考え方といえますよね?
規格が変わるごとに、使えなくなるデジタル家電の融通が利かないあり方は、はっきり言って不親切というか、、、、、、。(詐欺???w)

Sony Style(ソニースタイル)
VAIOラインアップ

富士通

Vistaパソコン総点検(1)ソニー、富士通のリビング向けPCに注目?PC&デジタルカメラ-最新ニュース:IT-PLUS
(3)初のHD-DVD-Rドライブを搭載・東芝
?<拡大>「HD?DVD−R」ドライブを搭載した東芝の「Qosmio G30」 HD-DVD陣営の盟主である東芝は、大画面AVノートの「Qosmio」のハイエンド製品「G30/97A」に、パソコンで初となる記録型の「HD-DVD-R」ドライブを搭載した。内蔵の地上デジタルチューナーで録画した映像を、ハイビジョン画質のまま、HD-DVDディスクに移動して保存できるようにした。
 依然、RW(書き換え型)メディアに対応できていないのは惜しいが、ともあれBD陣営に一矢報い、希少で個性的な選択肢を提示した形だ。


ここのところ、色々と苦戦を強いられている東芝ですが^^;
次世代ブラウン管SEDのライセンス問題や、BD陣営に書き込み対応HD−DVDで後れをとってしまった感は否めませんね、、、、。

まあ、ここにきてハイビジョン規格を記録できるモデルを出荷できたことは、まさに一矢報いた?と言うところでしょうか??

▼東芝ダイレクトPC by Shop1048(Toshiba)


Vistaパソコン総点検(1)ソニー、富士通のリビング向けPCに注目?PC&デジタルカメラ-最新ニュース:IT-PLUS
 実は、各社がそうしたハードウエアの使いやすさや、デザインを含めた個性をより重視しはじめたのは、Vista移行にかかわる共通の悩みが背景にある。今回登場した製品ではHome Premiumを採用したパソコンが全体の7割を占めた。Home BasicにはないAero機能を利用でき、見栄えが美しいのがPremiumのメリットだが、それと引き換えに各社の独自性が損なわれる危険が伴うからだ。
 というのも、VistaのPremium版を採用すると、マイクロソフトから機能に関わる事実上の制約が課される。パソコン内の映像や画像、楽曲などのコンテンツ再生ソフトとして「Windows Media Center」を使うことと、付属のリモコンにそれを呼び出すための緑色のボタンを付けることだ。


そうですねえ、、、、。
appleがアップルコンピューターという社名を、apple.incに改名してしまうくらい、コンピューターの進化に疑問を抱き始めてるんだと感じますね、、、、、。

マイクロソフトが色々やってくれると、ハードメーカーの特徴を出しにくくなる、パソコンとしての使い勝手に自社のオリジナリティを出しにくくさせてしまう危険性はありますよね?

windowsが完璧に完成されたインターフェースを備えてしまうと、ハードウェアはただ単にwindowsが動作する箱であれば良いことになります。

appleの場合、ハードウェアとソフトウェアを完全に統合した形でデザインできる唯一のパソコンメーカーですから、好きかってやれますしね、、、、。

昔はねえ、、、、。

NECも富士通も、シャープも自社でOSとハードを開発販売してたんですけどね、、、、、、。
あw
もう1/4世紀も昔の話ですよ?w
 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ