東芝:プレスリリース (2006.3.8)
 株式会社東芝(以下東芝)とキヤノン株式会社(以下キヤノン)は、次世代薄型ディスプレイ「SED」の量産第一段階としての生産開始を2007年7月とし、同SED搭載テレビの発売を2007年第4四半期とすることといたしました。
 薄型テレビの市場は、今後も高い成長が期待され、特に2008年以降、北京オリンピックの開催や、世界的にデジタル放送への完全移行が進むことにより、本格的な需要の拡大が見込まれています。
 こうしたことから、SED搭載テレビの販売ターゲットを、2008年の北京オリンピック商戦と定め、商品投入を進めていきます。
 東芝・キヤノン両社は、SED搭載テレビの市場投入を、ブラウン管テレビの誕生に次ぐ50年に一度のテレビ市場の転機ととらえ、コモディティ化しない商品を作り上げることに最も注力しています。両社は、新ジャンルの高画質テレビとして、SED搭載テレビの市場での地位の確立を目指していきます。


 さて、、、、。
ディーゼルエンジンが帰ってくると言われてから、随分時間が経過していますが、、、、。
もう一つ、忘れられかけているものがブラウン管ですね、、、、。

情報筋によると、ブラウン管は復活するらしいです^^;
2007年第4四半期と、製造元から正式な発表がありますので、おそらく間違いなく戻ってくるでしょう。

次世代ブラウン管はどんな特徴を備えているのでしょうか??

ITmedia ライフスタイル:キヤノンと東芝、次世代ディスプレイ「SED」合弁会社設立 (1/2)
ブラウン管とフラットパネルディスプレイの“いいトコ取り”
 SEDは、次世代ディスプレイとして注目されているFED(Field Emission Display:表面電界ディスプレイ)の一種。ブラウン管並みの応答性/色再現性を厚さ10ミリ程度の薄型テレビで可能にするなど、ブラウン管とフラットパネルディスプレイの“いいトコ取り”を目指している。

SEDはブラウン管とフラットパネルディスプレイの“いいトコ取り”


SEDの基本原理

 ブラウン管は高輝度/鮮明な色/広い視野角などのメリットで広く普及しているが、大型化で重量が増えるその構造から40インチ以上の大画面が難しかった。
 SEDはブラウン管の電子銃に相当する電子放出部をディスプレイの画素分だけ並べたガラス基板と、蛍光体を塗布したガラス基板を近接して配置し、その間を真空封止した構造になっている。電子放出素子をディスプレイのすべての画素に放出することでブラウン管と同じ発光原理を生み出し、高画質な映像を作り出すのだ。

 低消費電力なのもSEDの魅力だ。
 36インチのSED試作機での比較では、輝度の高い通常のテレビ番組だと同サイズのプラズマに比べて約1/3、液晶に比べて約2/3の消費電力となる。自発光ディスプレイのSEDは暗い場面の多い映画だとさらに消費電力が下がり、同サイズのプラズマ/液晶に比べて1/2という消費電力となるのだ。


液晶TVは消費電力の低さが売りでしたが、プラズマは決して消費電力が低いわけではありませんし、むしろ既存のブラウン管より、多くの電力を消費することさえあるようです。

これが現実の物となれば、ライバルであるプラズマTVや液晶TVの価格低下が進むと予想されます。
初期段階では、ハイビジョン、デジタル放送対応薄型TVにターゲットを絞ってくるでしょうが、次の段階としてパソコン用ディスプレイにもこの技術が応用されるのでは?ないかと予測できます。

ただし、ノートPCには液晶か有機ELの方が薄型設計できますので、一体型PCを中心に売り出されていくのでしょうか?
あるいは、液晶ディスプレイの代わりになるんでしょうか?
大型TVとPCディスプレイでは見るときの距離が大きく異なるわけで、50cmくらいまで近づいたときの目に与える影響とかが重要な要素になりそうです。

もう一つは次世代DVDに与える影響ですね。
東芝はHDーDVD陣営ですから、SED搭載の同規格ハイビジョンDVDを量産してくるでしょう。
もちろん、あくまでもモニターですから、blu-lay用のモニターとしても使用は可能ですが、、、。

↓その他参照記事

フラット・パネル・ディスプレイにSED方式出現! 大型壁掛けテレビの本命如何に! - [発明・アイデア商品・新技術]All About
SEDディスプレイの出現そのような中、強力なライバルが出現した。それはSED(サーフェース・コンダクション・エレクトロン・エミッター・ディスプレイ)(表面伝導型電子放出素子ディスプレイ)である。キヤノンと東芝はSEDの開発、生産、販売会社を合併で設立し、2005年からSEDパネルの生産を開始、同時に50インチクラスのフラットテレビを発売すると、この10月に発表した。大型化の実現性ではプラズマと同等とされ、薄型化・省電力においてはプラズマを上回るという。


↓詳細情報

http://www.toshiba.co.jp/tech/review/2005/07/60_07pdf/a0209.pdf

 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 

Trackbacks List

  1. 1. キャノンが発表『職務発明に関する相当対価請求訴訟の一審判決について』

    • [キャノン大好き!??デジカメ・プリンター何でもキャノン??]
    • 2007年01月30日 20:05
    • キャノンは特許出願申請件数がとても多いことでも有名であるが、元社員と発明の件で裁判中であったとは、知らなかった。どのような発明に関しての判決であったのかがとても興味深い。発明というものの権利が、どこまで会社のものか、研究者個人に属するものなのか、今後...
  2. 2. 北京に合弁会社設立、シェア拡大狙う??タダノ

    • [上海万博、上海万博なんでも情報]
    • 2007年11月09日 19:29
    •  タダノは中国・北京市に建設用クレーンの油圧部品の製造販売を行う合弁会社「京城多...
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ