アップルストア、Parallelsの仮想化ソフトを販売へ - CNET Japan
 Apple Computerは、WindowsおよびMacアプリケーションの稼働を可能にするParallelsの仮想化ソフトウェアの販売を、Apple Storeで近日中に開始する予定だ。

 Apple Store、CompUSA、Staples、Office Depot、Fry's Electronics、Amazon.comで、「Parallels Desktop for Mac」の販売が30日以内に開始されることを、Parallelsが米国時間7月18日に発表すると予想されている。Intelプロセッサ搭載のMacで同ソフトウェアを使うと、Mac OSとともにバーチャルマシン上でWindows XPが稼働でき、WindowsおよびMac用のアプリケーション間でデータの移動が可能になる。


 うほw
appleが自社ストアーで販売ですか??

apple独自で両方が同時に起動できるソフトウェアを開発するのでは?
と言う見方もあったわけですが、思ったよりも早い段階でParallelsがそれを実現してくれたおかげで、appleとしては開発の手間が省けるのと、appleマシンにより付加価値がつけられるのでユーザーにもappleにもうれしい誤算だったのかも?知れませんな。

元々appleはwindowsは一切サポートしない!
ただし、Macでwindowsを起動させるのを妨げるつもりもない!

と言う見解を表明していましたので、むしろBootCampを投入するよりも、こういったユーティリティが登場してくれた方がありがたかった物と予測できます。

BootCampがwindowsXPsp2以降のフルインストールディスクでしか稼働しないのに対して、Parallelsのほうは、ほぼ全てのwindowsやPCLinuxをOSXと同時に起動できますので、こちらの方が断然買いなわけです。

appleとしてはMacでwindowsを走らせるために、開発投資を強いられると言うのはあまり面白みのない話なので、むしろOSXをより魅力的にする方向に開発投資を専念できた方が、遥かに効率的ですからね。

もちろん、この分野ではマイクロソフトのバーチャルPCがいち早く対応することが本筋であったわけですが、windowsVista開発の遅れでそれどころでは無いんでしょうか?
(もっともapple用ソフトウェア開発チームは別にあるはずですから、そちらの開発が進んでいなかっただけなのか??)

まあ、いずれにせよ「Parallels Desktop for Mac」が正式に発売になり、今後さらにテューンナップされ、Core2Duoプロセッサの高度な処理能力が実装されれば、、、、、、。

うーーーん、面白くなって参りましたなw
 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ