アップル、Shake 4.1を発表
アップル、Shake 4.1を発表

業界最先端の合成ソフトウェアを62,000円に値下げ

2006年6月20日、アップルは本日、業界最先端の合成ソフトウェア「Shake?(シェイク)」の初のUniversalバージョン、Shake 4.1を発表しました。
また、価格はこれまでの330,000円から、すべてのプロダクションで手軽に導入できる62,000円に値下げしました。
Final Cut? Studioのエディターは、プラグインを買うような値段でShakeを利用し、洗練された3D合成、キーイング、イメージトラッキング、スタビライズなどの機能を手にすることができます。
Shakeは、大手映画スタジオや先端的な特殊効果制作会社で主要な制作ツールとして使われており、今年のアカデミー賞視覚効果賞受賞作品である「キングコング」など数多くのアワード受賞作品の特殊効果の制作に使われています。


値下げと言うには、あまりにも、、、、、w

PCで動画を編集するから、合成や、特殊効果までお手軽にできる時代になりつつありますなw
PCの処理能力に見合ったソフトウェアを提供すると言うことがこれからは求められていくんでしょうね。

家電でできることをPCに実装してもあまりありがたみを感じません。
家電にやらせた方が遥かに快適です。

家電では実現不可能な事を、実現してこそのPCだと思いますね、、、、。


アップル、映像エフェクトソフト「Shake」の価格を5分の1に引き下げ - CNET Japan
 アップルコンピュータは6月22日、映像エフェクトソフト「Shake(シェイク)」の新バージョンであるShake 4.1を発売する。価格をこれまでの33万円から6万2000円へと大幅に引き下げた点が特徴だ。

 Shakeは、映像にさまざまな効果をつけられるソフト。大手映画スタジオや特殊効果制作会社の制作ツールとして使われている。


 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ