推定250歳のカメ、インドの動物園で死亡
 
インド、コルカタ(旧カルカッタ)発推定年齢250歳というアルダブラゾウガメが肝不全のために当地の動物園で死亡したと、インド当局が23日(現地時間)に発表した。
 このアルダブラゾウガメは、18世紀半ばにイギリスによるインド支配の基礎を築いた有名な英陸軍将校、ロバート・クライブのペットだったと、西ベンガル州の大臣は述べている。
 地元の関係者によると、このカメは「アドワイチャ」(Addwaitya)ベンガル語で「唯一のもの」という意味という名前で、世界で最高齢の動物だったということだが、科学的根拠は示されていない。


250歳って??
2世紀半も生きたんですか!!

すごすぎますねえ、、、、。
日本はまだ江戸時代ですよね?

カメさん、ご冥福をお祈り申し上げます。


 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索




Archives




カテゴリ別アーカイブ




最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: