CeBIT:ドイツRittal社、燃料電池を基地局の予備電源で実用化 - nikkeibp.jp - 注目のニュース
CeBIT:ドイツRittal社、燃料電池を基地局の予備電源で実用化

2006年03月15日11時41分

通信機器の筐体やラック、放熱装置などを手がけてきたメーカーであるドイツのRittal GmbH & Co. KGは、CeBIT 2006で燃料電池を実用化した機器2種類を展示している。燃料電池を(1)携帯電話の基地局の予備電源に利用した例と、(2)移動型キオスク端末の主電源に利用した例である。基地局用は、「注文があればすぐに出荷できる」(同社)と実用に耐える製品であることを強調する。ただし、価格は明らかにしていない。


純水素タンク50Lですか?

常温で保管するんでしょうかね??

水素ボンベって?どのくらい保管できるんでしょうかね?

なんだか、徐々に漏れだして減って行きそうな気がするのですが、、、、。
(気のせいでしょうか?)


 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索




Archives




カテゴリ別アーカイブ




最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: