スピードアップが体感できる! インテルのデュアルコアCPU“Core Duo”を搭載した新「iMac」 / デジタルARENA
アップルコンピュータの「Macintosh」が2006年1月、新しいCPUを伴ってデビューした。最初の製品となるのがノートPCの「MacBook Pro」と、今回紹介する液晶モニター一体型デスクトップの「iMac」だ。
 Macはこれまで、PowerPCと呼ばれるモトローラ/IBM系のCPUを採用してきた。
このPowerPCが登場した当初、Windowsマシンが採用するインテル系のCPUに比べても高速というのがアップルコンピュータの主張で、実際にグラフィックスやビデオ編集などのプロフェッショナルユースにも十分なパフォーマンスを提供してきた。
しかし、PowerPCの第5世代となるPowerPC G5あたりからは開発が鈍化し、高クロック化が進まない状況が続いていた。
さらにPowerPC G5は低消費電力化も進まなかったため、ノートPCでは前世代のPowerPC G4搭載モデルしか発売されず、PowerPC G5搭載ノートはついに姿を現さなかった。



スピードアップが体感できる! インテルのデュアルコアCPU“Core Duo”を搭載した新「iMac」 / デジタルARENA
このテストのうち、感心したのがUniversalアプリケーションではないPhotoshop CSでも速度の向上が見られたこと。
筆者の予想では、PowerPC G5のiMacよりも遅くなるだろうと思っていただけに意外だった。
Rosettaで動作するアプリケーションとして、計測したのが一つのだけなので、誰もが従来ソフトで速度向上を実感できるかどうかは分からない。それでも、Photoshop CSでいくつかの処理を試してみて、従来マシンより明らかに遅いと感じる場面にはお目にかかれなかった。
これならば、従来のソフト資産をたくさん持つユーザーが購入しても、パフォーマンスが劣ることはほとんどないだろう。


え???
Photoshop CSでG5よりも高速????

まじすか?

それが本当なら、ちと考え方を変えなければなりませんね、、、、。

というか、DreamweaverMXも試してみてください^^;;





iMac(intel)
 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ