インテル、サーバ用4コアプロセッサ「Clovertown」を初公開 - CNET Japan
インテル、サーバ用4コアプロセッサ「Clovertown」を初公開
文:Michael Kanellos(CNET News.com)編集校正:坂和敏(編集部)2006/02/13 11:59??
Trackback(2)
 デュアルコアチップの優位性が薄れるなかで、Intelは来年登場する4コア搭載プロセッサを初めて披露した。

 この「Clovertown」は、今年後半にコンピュータメーカー各社への出荷が開始され、市場には2007年初頭に登場する。Clovertownはデュアルプロセッサ搭載サーバ用となるため、これらのサーバは、本質的には8プロセッササーバ(4コアX2プロセッサ)となる。

 さらに同社は、既に発表済みの「Tigerton」と呼ばれるバージョンも同時期に投入する。Tigertonは、4基以上のプロセッサを搭載するサーバ用となる予定だ。


APPLEにとってもWindowsにとっても、コアが増えて行くことでもたらされる物は多いんでしょうね。
分散処理が得意なOSXには、さらなる性能向上が見込まれます。

ゲーム機などへの「組み込み市場」への特化をはかっているPowerPCとは、もはや進むべき方向性が違う物になってきているのでしょうか?
IBMは銅配線cpuを組み上げられる高い技術力を有しており、省電力、低発熱という強みがあったはずなのですが、結局はPC部門で開発コストをペイできるだけの販路を見いだせないのが実情なのかも知れませんね。

確かに、PowerPCの製造元であるIBMのパソコンにintelのcpuが搭載されているというのは、皮肉な感じがします。
もう、「パソコン」の製造販売は、中国企業に明け渡してしまいましたからねえ、、、、、。

APPLEのintelへのスイッチの意味が、納得できるわけですよ。
以前なら、このような記事が掲載されれば、PowerPCは???
どうなの???
と、やきもきさせられていた物です。
そう言う心配をしなくても良くなっただけ、今回のAPPLEの方針の大転換が評価できるというか、ここで転換しておかなければ、「パソコン」を製造販売し続けることが、おそらく不可能に近い状態に陥っていたと思われますね。





NT9500Pro【468x60】
 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ