CONTAX プラナー85mmf1.4
































































































































































目に見える物、誰の目から見ても、確かに存在する物、しかし、それは本当のことでしょうか?
常識だと思っていることが、本当はでっち上げかも知れない?
今まで、本当のことだと信じ込まされていたことが、実は、そうでなかったとしたら?

20世紀に、私たちは革命を目の当たりにしました。
社会主義の崩壊、しかし、彼らの考え方が間違っていたのでしょうか?
私は、コミュニストではありませんが、資本主義も危ういと感じています。
勝ち組と負け組の2極化。
いわば、社会主義経済は負け組になってしまったのかも知れません。

自由競争主義社会では、勝者と敗者に分かれます。
アメリカでは日本よりもさらに2極化が進んでいます。

競争からのドロップアウトは、すなわち負けを意味するのです。
助けてくれる人がいるうちは、何とかなりますが、誰も助けてくれる人がいなくなったら?
どうなるのでしょうか?

あと20年ぐらいすると、勝ち組、負け組は冗談ではすまされない状況になっていると思います。

我々が正しいと信じ込まされている世界は、本当はとても危うい物なのかも知れません。
社会主義が崩壊した時、神だと信じていた支配者が突然その存在を失われた時、人々はどうのように感じていたのでしょうか?

本当のことを、教えてください、、、、。
本当のことは?誰が知っているのですか??

それは、銀河の心を持ったもの達です。
それは、森の木々です。
それは、夕方に吹く冷たい風です。
そして、鳥や昆虫や獣たちです。
彼らは、銀河と共に在ります。

彼らなら、本当のことを教えてくれます。
宮沢賢治という人は、彼らの声を確かに聞くことが出来た人です。
目に見える物、誰の目から見ても、確かに存在する物、しかし、それは本当のことでしょうか?
常識だと思っていることが、本当はでっち上げかも知れない?
今まで、本当のことだと信じ込まされていたことが、実は、そうでなかったとしたら?

20世紀に、私たちは革命を目の当たりにしました。
社会主義の崩壊、しかし、彼らの考え方が間違っていたのでしょうか?
私は、コミュニストではありませんが、資本主義も危ういと感じています。
勝ち組と負け組の2極化。
いわば、社会主義経済は負け組になってしまったのかも知れません。

自由競争主義社会では、勝者と敗者に分かれます。
アメリカでは日本よりもさらに2極化が進んでいます。

競争からのドロップアウトは、すなわち負けを意味するのです。
助けてくれる人がいるうちは、何とかなりますが、誰も助けてくれる人がいなくなったら?
どうなるのでしょうか?

あと20年ぐらいすると、勝ち組、負け組は冗談ではすまされない状況になっていると思います。

我々が正しいと信じ込まされている世界は、本当はとても危うい物なのかも知れません。
社会主義が崩壊した時、神だと信じていた支配者が突然その存在を失われた時、人々はどうのように感じていたのでしょうか?

本当のことを、教えてください、、、、。
本当のことは?誰が知っているのですか??

それは、銀河の心を持ったもの達です。
それは、森の木々です。
それは、夕方に吹く冷たい風です。
そして、鳥や昆虫や獣たちです。
彼らは、銀河と共に在ります。

彼らなら、本当のことを教えてくれます。
宮沢賢治という人は、彼らの声を確かに聞くことが出来た人です。
 

Comments

    • からす's comment
    • 2006年01月17日 06:06
    • 賢治も実際の人間社会にその答えを見つけようとしてなかなかできずに、農学校を作りつつ「作品」の中で他の社会のあり方はあるのではないのか?と、問い続けていたのではないでしょうか。

      彼の問いは古くはなっていません。

      未だに、必要で新しい問いでありつつける現在、私たちは何をしてきたのでしょうか?
    • でくの's comment
    • 2006年01月18日 22:12
    • 宮沢賢治が古くならないのは何故でしょうか?
      私はいつも、「宮沢賢治は我々を先導し続けている!」
      と感じます。

      我々がどれほど先に進もうとも、賢治はそれよりももっと遙か先から、我々を導き続けてくれます。

      彼は、感じたままを表現しています。
      人間の「考えは」、時代と共に変わり古びて行きますが、無垢で鋭敏な感覚という物は、決して衰えることはないのでしょう。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ