ソニーCDが明らかにしたセキュリティー業界の本質的問題(上)
ソニーCDが明らかにしたセキュリティー業界の本質的問題(上)


 これは、ハイテク系ブログが巨大企業を打ち負かすという、旧約聖書の「ダビデとゴリアテの戦い」のような話とも言える。
 10月31日(米国時間)、マーク・ルシノビッチ氏は自身のブログで、米ソニーBMG・ミュージックエンタテインメント社が音楽CDに組み込んで流通させているコピー防止機能は、「ルートキット」というタイプのソフトウェアツールをひそかにインストールするものであることを暴いた。
このツールは、ユーザーの同意を得ずに実行される??ひとたびCDからこのソフトがコンピューターにインストールされると、ユーザー本人が気づかないあいだにハッカーがそのシステムにいつでもアクセスできるようになるということだ。



読んでいると、だんだん腹が立ってくるのですが、、、、。
自重自重、、、、、、。

 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 

Trackbacks List

  1. 1. ソニーBMG、あとの祭り

    • [GO!GO!パニッカー スガ]
    • 2005年11月23日 16:47
    • 世間を賑わせているソニーBMGなんすが……。 もう、何してもアカンやろ。 rootkitが入ってたCDを新しいディスクやMP3に交換してもろたところで、PCが直るワケやないんやから。 ソニーBMG、CDのリコールプログラムを発表--新しいC
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ