でくのぼうぷれす

ネットワークするでくのぼう!

カテゴリ:陶芸 > 転写紙

さて、第一弾の納期まで10日くらいになってきましたが^^; 念のために、予備を作っておきます。 こちらは、9回目の窯でしょうか? ようやく、想定通りの焼き上がりに近付いてきました。 非常に、敏感に変化する釉薬なので、厚さ加減 ...

こちらは、前々回の窯から出したもの、、、、、。 背景が薄すぎる、、、。 こちらも同様。 こちらは前回の窯から出したもの、、、、。 今度は背景がうるさすぎる、、、。 難しい><; この釉薬は、鉄分との反 ...

版は完璧に出来ましたが、絵の具が良くない、、、、。 調合からやり直しですね^^; 今回は本焼きに実際に使う釉薬をブレンドして行きます。 砂糖水は、少しずつ増やして行きながら、適量を見極めます。 おそらく、前回はCMCが多すぎたのだと思われますの ...

最初は3枚連続で、製版に失敗して、それから3回製版をやり直しましたが、まだ、わずかに抜け切れていない箇所があったので、データの見直し修正と、最後の製版をやり直しました。 もう、予備のシートは無いと言うか、付属していた7枚全て使い切りました^^; ...

さて、昨日の記事のレシピ通りに、転写用絵の具を調合してみました。 先ずは、砂糖水作りですかね?w こんな感じか? スクリーンも製版からやり直し! 絵の具と透明釉を7:3の割合で混ぜて、、、、。 これに、同量の砂糖水と少しのCMCを加えて良く練 ...

さて、色見本までは出来上がったので、次は量産に向けての、安定した絵の具の調合を行う必要があります。 なかなか調べてみても、情報は得にくい感じなんですが、下記のサイトが参考になると思われます。 陶芸情報、陶芸原料の情報 下絵転写用の絵の具 使用 ...

とりあえず、自家製下絵転写紙で色見本を上げてみた。 絵としての完成度は、まだまだ低いが、技法的には、使えると感じる。 色を決めて、データの見直しと、製版のやり直しだな^^; どうした?iPhone4S?? ピント全然あってないぞ!w ...

さて、「陶器用下絵転写紙を自前で作る」見たいなキーワードで、ググってみると、「素人には無理!」とか?w「原理的にはこんな感じですが、あなたに出来ますか?」「敷居が高そうです」見たいな??w Webの情報はあまりあてにならない、、、、。 分かった感じでコメント ...

さて、実際に使ってみましたよ! まず、原稿をプリントアウト。 専用スプレィ糊で判に密着させます。 次に、スクリーンを組んで行きます。 カーテンを閉め切って、蛍光灯も消しています。 原稿を当てて、、、、。 こんな感じか? 蓋をして ...

↑このページのトップヘ