ホコリタケ

ホコリタケは昔から知っていました。

名前は知らなかったかも??w

爆弾!とか呼んでましたかね??

踏みつけると煙幕のような煙を発します!w




ホコリタケ

まあ、胞子ですけどね?

埃まみれという感じでホコリタケかな??w

ところで、このキノコ食べられるって??

知ってました??w

しかもがん細胞を死滅させるとかいう噂もあるのだとか、、、、。(噂ですよ!!信じないでね!!責任もてませんから!!!!)



この写真のように埃が出るような状態になってからでは食用になりません!

幼菌で、半分に切ると中が白色のものはマシュマロとかはんぺんのような食感なんだとか??w

ネットの情報では「試したけど美味くなかった!」的なものが多いですけどね??w




ホコリタケ いしかわ きのこ図鑑


ホコリタケ科
Lycoperdon perlatum

食毒:幼時食
発生時期:梅雨〜秋
発生場所:林地、朽木
その他:暗褐色の針でおおわれる、内部は白色後暗褐色の紛状となる







ホコリタケ- ホコリタケ科 - きのこ図鑑


環境
ホコリタケは様々な種類の木の林の地上に群生します。

季節
梅雨期〜秋

特徴
ホコリタケは頭部が球形で太くて短い柄部分が特徴的なキノコです。頭部は直径が2〜4cmほどの大きさで、中心部分に僅かな突起があり、周辺部分には人のお腹などに見られる肉割れ線のような模様があります。色は白〜淡い褐色しており中心部分は色が濃くなっています。また、表面には刺のような突起物があり、突起の先端は黒っぽい色になります。

ホコリタケの柄の部分は頭部につながっている部分がくびれており、色は頭部とほぼ同色。根元部分は丸く白色の菌糸がついています。
肉は綺麗な白色で、全体にマシュマロのような組織がつまっています。

ホコリタケは成熟すると色が褐色に変色し、頭部の中央部に穴があいて、そこから胞子が飛び出します。



その他の名称
タヌキノチャブクロ、キツネノチャブクロ、ミミツブシ、バクダン

学名:[Mycoleptodonoides aitchisonii]

食べ方
汁物、焼き物など。
ホコリタケはそれほど美味しいキノコではありませんが、食べるなら幼菌時のキノコのみを食べます。