コテングタケモドキ

ぱっと見シメジみたいな食べられそうなキノコに見えますが、コテングタケモドキです。

当然テングタケの仲間です!



コテングタケモドキ

こうやってみるといかにも美味しそうなキノコに見えます!



コテングタケモドキ

ハタケシメジとかホンシメジとか、、、、、、。

いかにも美味しそうな雰囲気が、、、、。

上に乗っかっている白い膜のようなものは、実はこのキノコ全体が白いベールで覆われていた名残です。

成長するとベールは剥離して落ちてしまいます。




コテングタケモドキ

横から見るとこんな感じ!

いかにもテングタケの仲間っぽい!

ヒラヒラはあるものもあれば、落ちてしまって無いものもあります。




コテングタケモドキ

これなんかも、美味しそうなキノコに見えます!w




コテングタケモドキ

ところがひっくり返すと、いかにも毒キノコという感じに、、、、、。




コテングタケモドキ

傘の裏側にも薄いベールのような膜が張っていることもあるようです。




コテングタケモドキ

上から、、、、。




コテングタケモドキ

下から、、、、。




コテングタケモドキ

上から、、、、。



コテングタケモドキ

下から、、、、、。

コテングタケモドキでした!




コテングタケモドキ- テングタケ科 -きのこ図鑑


環境
コテングタケモドキはシイ、カシ、ナラなどの広葉樹やマツなどの針葉樹の林の中に発生します。

季節

夏〜秋


特徴

コテングタケモドキは比較的大型のキノコでカサの直径は15cm以上になる事もあります。カサの表面は繊維状の模様に覆われており、色はやや灰色がかった薄い褐色〜暗褐色でカサの周りには白い付着物が見られます。幼い時は饅頭型ですが成長するにつれて平らに開いていき最終的には反り返ります。

ヒダは白色で密に並んでいます。柄に離生しており、縁の部分は粉状になっています。
柄は白く上部には壊れやすいぼろ布状のツバがあります。根元の部分が膨らんでおり、袋状のツボが見られます。また、柄の表面はささくれ状の鱗片に覆われています。

肉は白色で味やにおいなどは特にありませんが毒キノコなので決して口には入れないようにしましょう。


毒きのこ。
食べて中毒したとの報告もあり症状から猛毒キノコの可能性があるとされています。





コテングタケモドキ 小天狗茸擬 三河のキノコ図鑑


中 国 名 假褐云斑鹅膏菌. jia hei yun ban e gao jun
英  名 Hongo's false death cap
学  名 Amanita pseudoporphyria Hongo
分  類 坦子菌門 ハラタケ亜門 ハラタケ綱 ハラタケ亜綱 ハラタケ目(Agaricales)
科  属 テングタケ科  Amanitaceae  テングタケ属

発生時期 夏〜秋
大 き さ 小型〜中型 直径4〜12
栄養摂取 菌根菌
発生場所 シイ、カシ、コナラ、クヌギ樹林、アカマツ・コナラ混生樹林の地上 
分  布 日本、中国、インド、ネパール、タイ
食  毒 有毒