ツガタケ

フウセンタケの一種ツガタケです。

非常に美味しそうなキノコに見えます。




ツガタケ

つかが太くてしっかりしているのが特徴のようです。




ツガタケ

オオカシワギタケと同じという意見もあれば、異なるという意見もあるようでちょっと曖昧なところがあります。



ツガタケ

写真では分かりにくいですが、蜘蛛の糸のような菌糸が柄の部分にまとわりついているのが、フウセンタケの特徴のようですね。




ツガタケ

フウセンタケのほとんどの種類は倒木ではなく、地面から生えているようです。

歯ざわりが非常に良くて美味しいという評価があるかと思えば、異様に苦いという意見もあるようです。

それが同じツガタケなのか、それとも別のものを指してそう言っているのかもよくわからない部分もあります。

美味しいかもしれないけれど、苦いかもしれない、、、、、。

ちょっと得体が知れない部分があるので、食べない方が無難でしょうねぇ、、、、。





静岡と山梨で大きく評価が分かれるツガタケ


私はこのキノコは「Aクラス」だと思う。その色あいや模様も美しく、生の状態では独特の甘い香りを漂わせる。ずんぐりと下ぶくれの柄は緻密で、食べた時の歯ごたえの良さはもちろん(炊き込みご飯が美味い)、採取の時の感触も心地よい。

シーズンになれば珍しくはないが、だからと言ってウジャウジャと飽きるほど採れるわけでもない。つまり、森の中で見つけた時の「喜び」がちゃんと持続する。

私にとっては、すべての点において、おなじフウセンタケ科のショウゲンジよりも格段に上だ。





ツガタケ Cortinarius saginus

近年出版された池田良幸著『北陸のきのこ図鑑』(橋本確文堂)には、ツガタケという名のきのこが載っているが、川村図鑑のツガタケとはまったく異なる。
本郷図鑑に準拠して編まれた図鑑という性格上、「ツガタケ=C. claricolor」を踏襲しており、まず学名ありきで、あとから本郷図鑑に従って和名をあてはめた結果と考えられる。

 和名には規約がなく、紳士協定のような感じで先名権(せんめいけん)が暗黙に尊重されているだけである。しかも、それすら無視されることがあるということだ。「学名が合ってりゃ和名なんか何だっていいじゃないか」という風潮も一部にはあるようだ。

 私なんかは、「ツガに出るからツガタケ。わかりやすくて、いい名前じゃないか」と思うし、昔からツガタケと呼ばれてきたのは事実なんだから、それでいいじゃないかと思うのですけどね。
少なくとも富士山のツガタケはオオカシワギタケではありません。



オオカシワギタケ Cortinarius saginus


フウセンタケ科 フウセンタケ 属

富士山ではツガタケと呼ばれている食菌、山梨側ではツガフウセンタケと呼ぶ人もいる。



諸説あるようです^^;