Rudbeckia
iPhone SE

さて、SE最初の1枚です^^;

ルドベキアの花が咲き出しましたね。

この花はiPhone5Sでも最近公開していたと思います。

5SとSEではカメラの性能がかなり違います。

5Sが800万画素なのに対してSEは6Sと同様の1200万画素と画素数が増えています。

画素数が多ければ良いというわけではなく、同じセンサーサイズであれば画素数が少ない方が受光感度は高く、トーン表現も有利な場合が多いですかね?

この写真を見る限りは、5Sよりも進化した部分が確かに読み取れます。

精細さはSEの方が数段上手だと感じます。

ボケ味も良好ですね。

ただし、ハイライトのトーンはちょっと単調で細やかなトーン表現は流石にAPS-Cクラスに単焦点レンズのそれと比較すると飛び気味ですかね?

中間調もかなり貧弱に見えます。

ただ、絵としてはまとまっていると思います。

あくまでもスマホの絵なのでスマホらしく綺麗にまとまっている感じでしょうか?

グルメフォトとかであれば、むしろ一眼よりも印象の良い絵に仕上がることは容易に想像できますね!

まあ、今更5SとSEの撮り比べとかやってみても誰も喜ばないと思いますので、SEの実力を探っていく感じで逝ってみたいと思います^^;w