ALTEC CF404-8A

さて、密閉状態にして特性を見ていきます。

ポートに非硬化パテを詰めて塞いでしまいます。


ALTEC CF404-8A

まずは軸上30cm。

うーん、、、、。

60Hzから急降下。


ALTEC CF404-8A

ユニットの近接測定。



ALTEC CF404-8A

2chリスニングポジション。

代わり映えしませんね^^;


ALTEC CF404-8A

前回のデータと重ねて見ます。

軸上30cm、黒が密閉、赤がバスレフです。

ほぼ誤差の範囲か?w



ALTEC CF404-8A

ユニットの近接測定。

こちらも測定誤差の範囲内か?


ALTEC CF404-8A

2chリスニングポジション。

これも、測定位置でがらっと変化しますので、誤差の範囲内かも?

実際の音はどうか?

多少違います。

どちらが良いのかは判断つきかねる感じです。

密閉の方が安心して聴ける音という感じ?

どことなく、鈍い音に感じる時もある。

バスレフの方が、ちょっとスピード感があるように聞こえなくもない??

今回のダクトは、共振点が可聴域のギリギリまで下がってしまっているので、10cm程度のユニットでは、ほぼ共振は起こらない。

それ以外に何かのメリットがあるのかどうか?

それほどないのかも??

では、ダクトを交換して、変化を見てゆきます。