ALTEC CF404-8A

さて、ウサギ小屋から、一戸建てに引っ越したALTEC CF404-8Aですけど、特性を見ておきたいと思います。



ALTEC CF404-8A

今回使っているのは、細いダクトの方です。


ALTEC CF404-8A

シミュレーションはこんな感じです。

25Hzで共振するとは思われませんが、、、、、^^;w



すべての写真-3003

2年ぶりくらいに起動した測定用マシン!w

なかなか起きてくれませんでした^^;w

それでは、特性を取ってゆきます。



Frequency characteristics

まずはユニットの軸上30cmでの測定。

60Hzから10kHzまではほぼフラット、60Hz以下は急降下という感じですかね?



Frequency characteristics

ユニットの近接測定。

ユニットから2〜3cmの距離で特性をとります。

共振してませんね、、、、。

25Hzあたりに落ち込みがある??

気のせいです!w



Frequency characteristics

ダクトの近接測定。

60Hz以下急降下ですね。

やはり共振していない。


Frequency characteristics

2Chリスニングポジション。

こんな感じですかね?

F特なんて大雑把なものですから、リスニングポジションは測定位置によってガラリと変わります。

音そのものはハイスピードでバスレフくさくない音。

そんな感じに聞こえます。

それもそのはず!

共振してないですからね??w

この場合ダクトはどんな働きをしているのでしょう?

低音に対してはブレーキのような感じなのか???

もし、そうだとしたら興味深いですね。

ダクトを塞いで、密閉状態と聴き比べれば何か変化が起こるのか??

次は、密閉状態でテストして見ましょうか?