ALTEC CF404-8A

さて、ALTEC CF404-8Aでございます。


ALTEC CF404-8A

これをミッドレンジに使えないかと、、、、、^^;w

CF404には少し穴が大きすぎたか、、、、、。


ALTEC CF404-8A

MDFでサブバッフルを作ります。


ALTEC CF404-8A

こんな感じですね。


ALTEC CF404-8A

ダクトも細いものに変えて見ます。


ALTEC CF404-8A

樹脂製ですが、非硬化パテで制振対策済み!

これだけで、ずいぶんと音が変わりますよ!

薄い樹脂だと共振の影響がかなりあるようですね。


ALTEC CF404-8A

もう片方もはめてゆきます。


ALTEC CF404-8A

こんな感じ。

CF404-8Aは手前のウサギ小屋から豪華一戸建てにお引っ越しです!w


ALTEC CF404-8A

ツィーターとウーハーは結線してありません。

CF404はネットワークなしで、とりあえずフルレンジで鳴らして見ます。


ALTEC CF404-8A

見た目は、普通の3Wayですね^^;

実際になっているのはCF404-8Aフルレンジ一発のみです。

音を出して見てびっくり!w

ウーハー??

いらないんじゃね??

ツィーター??

死んだままでいいかも??

いやはや、これぞALTECサウンド!

音がめっちゃ早い!!

これまで、バックロードホーンや、陶器製のエンクロージャー、小型のバスレフと試してきましたが、これまで試した中では、一番いい感じに鳴ってますね!

このくらいのサイズの箱は富山のDIMIオーディオさんで聞いたことがありました。

もちろん、同じユニットです。

その時はボーカルがくちびるオバケみたいに膨れ上がって、音像が甘い感じがしました。

それがトラウマになって、大きめの箱は敬遠してきましたが、今回のは定位がピンポイントにビシッと決まる感じですね。


ALTEC CF404-8A

あとはTRIO KA-9300の実力でしょうか?

低音がボワンボワンと膨らむこともなく、極低い音程まで軽く鳴らしてくれます。

軽い低音は実に気持ちが良いですね。



ALTEC CF404-8A

シミュレーションしてみると、こんな感じになるようです。

ポートが長すぎますね。

もちろん25Hzがこんなに音圧が上がるはずはなく、あくまでも計算値です。

しかし、これだけしっかりとした音が出てくれるとチューニングが楽しみですね。

とりあえず、どんな感じで動作しているのか、実測して判断していきたいと思います。