Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

さて、一旦下山して白峰の町に戻りますが、途中にある梶畑神社です。

小さなお社ですな^^;

ここにお参りして、、、、。


Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

神社の裏に回ると、何やら石段が、、、、。


Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

登ってゆきます。


Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

またもや踏み跡のない杉林に迷い込みます^^;w


Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

慎重にルートを探ると何やら道らしきものを発見!w


Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

少し荒れかけてはいますが、道のようです。



Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

巨大ブナ再び!w


Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

ブナ林の中に整備された道が現れます!


Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

巨大なブナ林!


Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

なんて気持ちの良い道なんだ!!w


Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

イワウチワが咲いていました。


Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

かわゆす^^;w


Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

登山道の脇にチラホラ咲いております。


Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

この道!

最高じゃね??w


Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

再び尾根道に出ました!w


Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

さらに、ブナ林を縫うように道は続いております!


Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

そしてイワウチワ^^;


Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

雑木林の向こうに白山!


Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

巨大ブナ!


Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

癒しの道ですな^^;w


Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

別山もチラッと^^;


Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

下りてきたのは??


Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

林西寺の太鼓櫓が見えますね。


Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

山岸家


Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

旧家、庄屋様の屋敷のようです。

立ち入り禁止です。


Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

この門から町に戻り、第二部は終了です^^;

気持ちの良い山行になりましたね。


Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

今回歩いたルート

登山口1から登って、登山口3に一旦下山。

登山口4から再びブナ林周回コースに入って、登山口5に下山しました。

コースタイム

登山口1 13:57 ー 登山口2 14:23 ー 二番目の鉄塔のある見晴台(山頂のようなところ)14:40 ー 大頽山分岐(おまい山最高標高地点)14:53 ー 大頽山山頂 15:02 ー 大頽山分岐 15:13 ー 登山口3に下山 15:42 ー 梶畑神社(登山口4) 16:07 ー 尾根道に合流 16:28 ー 山岸家(登山口5)に下山 17:06

だいたい3時間コースですね。



Attack to The Mt. "OMAIYAMA"

おまい山 大頽山周回データ

最大標高差:約270m

累積標高:+ー約443m

歩行距離:約4.7km(駐車場までの往復含む)

所要時間:約3時間半(駐車場までの往復含む)

ハイキングコースとしては道はかなり険しいところがあり、小さなお子さんは無理があると思われます。

登山口1から、あるいは、忠魂碑前の駐車場から鉄塔展望地点までのピストンであれば、誰でも歩けると思われます。

大頽山分岐から大頽山山頂までは登山道は整備されていません。

早春か晩秋でなければ藪漕ぎになりますし、無理に進んでも眺望は全くありません。

ブナ林の中の散策コースは決壊箇所や倒木がいくつかありそれなりに危険を伴います。

全てのルートを回るためには、ちゃんとした登山靴やポールなどの登山用の装備が必要です。

安易に入り込むと怪我をしますので、山登りの知識や装備がない方は鉄塔の展望地点までのピストンで引き返してください。

遭難や怪我等をされた場合でも、当方は一切責任を持ちませんのであらかじめご了承ください。

携帯電話は必ず持参してください。

滑落等で事故にあった場合、携帯で連絡が取れるはずです。

警察か消防に連絡して速やかに救助要請を行ってください。

簡単に登れて、簡単に滑落する山であるということを認識して楽しむことを忘れないようにお願いいたします!

これでおしまいでございます^^;

最後までお付き合いいただいた方々には感謝と御礼を申し上げます!w