苗を買ってきて地植えしたパクチー。

ものすごくたくましく育っております^^;

いつでも、摘みたてのパクチーをいただける幸せ!w





そしてバジル!

食べごろですね。

そろそろミニトマトも赤くなってきました。

バジル&トマトの季節到来ですかね?





ど根性バジル!

ちょっと誰かに踏まれたかも??





育てるヤクミのパクチー、、、。

ほぼ枯れてきましたか??

これは失敗しましたねぇ、、、、。


coriander

やはり、5週目が一番良かったですね。

この時点で、全部食べてしまえば良かったかもしれません^^;

まあ、育てるヤクミもここまでは成長しますので、結構食べ応えはあると思います。

なんで失敗したのか??

原因は究明しています。


▼【パクチーの育て方】パクチー栽培のポイントは徒長させない事です

パクチー栽培のコツは「徒長させない事」につきます。
とにかく、すぐにヒョロっちゃうのが初心者には難しかった。

パクチーって、とにかく発芽後に徒長しやすい!!
これが、初心者だった私にうまく育てられなかった原因です。

一般的に植物が徒長してしまう原因は「日当りが悪い」「水を与え過ぎている」「栄養過多」「風が吹かない」という事らしいです。
鉢植えの室内栽培の場合なんかは、これに当てはまってしまう事が多いので徒長率が高まる。

「日当りが良い」と言うのは、重要だと思うけど、夏場に西日が当たるのは良く無いです。
(良く無いっていうか、一気に枯れたりします。)
午前中にたっぷりと日が当たるのが理想。

で、(私の感じる)パクチーに重要なのは・・

適度な午前中の日光
暑過ぎない事
水を与えすぎない
あ、もちろん「風」も重要だと思う。
風が吹く事で、植物のホルモンが出て丈夫に育つらしいので。
「室内で栽培している時は、手で植物を触ってあげると植物ホルモンが出て良い」らしいので、触っていたけど・・やっぱり天然の風にはかないませんわ。


一つ目の敗因は、種を蒔くのが遅かった。

4月中には蒔いた方が良さげでしょうか?

二つ目の敗因は台所で育てていたこと、やはり屋外で適度に風にあたる方が良いようです。

しかも西日しか当たらない環境だったので、これも敗因ですかね?

とはいえ、5週目の写真を見る限り、確かに徒長はしてしまっていますが、十分楽しめる大きさまで育ってはいます。

群生していると、お互いに支え合いながらなんとか体勢を保っていましたが、ここで中途半端な間引きをしてしまったので、支えを失って、一気に元気がなくなりましたから、鉢からはみ出している、外側の葉っぱだけを摘み取って、お互い支え合っている状態を崩さなければ、もう少し楽しめたのかもしれません^^;

ただ、やはり、苗を買ってきて地植えをした方が確実で味も美味しいと感じます。

面白いくらいに、どんどん成長していきますからね^^;w



【コレカラTV】たけおパクチーの魅力に迫る!