これまで使ってきたWireless Trackball Keyboard TK-BT01、Bluetooth対応キーボードである。

非常にタイピングがしやすい快適なキーボードだった、、、。


Apple Wireless Keyboard

ところが、盛大に酒をこぼしてしまって、、、、。

速攻で分解して、水気を取り、丸一日乾燥させて再組み立てを試みましたが、、、。

電源は入るし、デバイスとしても認識して文字も打てる、しかしながらスペースキーとリターンキーが反応しない、、、、、、。

やってもた^^;;;;

とりあえず、キーボードが使えないことには何にもできない、ということで探しに行きましたが、Magic Keyboardが店頭で10,800円!

たっけえ!w

ということで、、、、。

買ってきたのが!


Apple Wireless Keyboard

これです^^;w

Apple Wireless Keyboard 中古で4,800円!

ちっちゃいな。


Apple Wireless Keyboard

よく見るとUSキーボードじゃないか!

って、お店ですでにわかっていましたが^^;w


Apple Wireless Keyboard

こんな感じですね^^;

US仕様なので、カナ/半角切り替えキーがありません!w

「⌘+space」を押せば切り替えできますけどね?w

私自身はPismo@PowerBookG3のUSA直輸入版を長年使っていましたので、US仕様には慣れているはず??

だったんですが、やはり慣れるまでには時間がかかるか?w


Apple Wireless Keyboard

電池は単三2本で動作します。

これまでも、ニッケル水素を使ってきましたので、そのまま流用できました。

バッテリー内蔵タイプだと、バッテリーの寿命がきたら使えなくなりますが、単三なら簡単に交換できます。


Apple Wireless Keyboard

比較してみた!w

TK-BT01の方が大きくて使いやすかったかも?


Apple Wireless Keyboard

キータッチも、TK-BT01の方がしなやかで打ちやすかったかな?

まあ、慣れの問題でしょう^^;

ただ、TK-BT01だとちょっとタイムラグがあってワンテンポ遅れて文字が出てきますが、Apple Wireless Keyboardの方が、随分タイムラグが少ないように思います。

小さい分、机の上も広く使えますしね。

とりあえず、キーボード水没は悲劇でしたが、まあ、こいつに呼ばれたんでしょう^^;w

運良く手に入ったので良しとします!w

しかし、先月はディスプレイが壊れて、今回はキーボードですか?

去年の年末はプリンターの刷新^^;

今年の年始はiPhoneも新しくなったし、、、、。

今年は、いろいろと変化の年なのかな??

本当に変わらなきゃいけないのは?

自分自身かも???www



絢香 Ayaka - 「コトノハ」