さて、今年の登り初めは小松火燈山です。

この山は、安易に入り込むような山ではありませんね!

初心者厳禁!!!

道を知っている人に案内してもらいましょう。





道らしきものがあるので、進んでみます。





夏場は藪でしょうね^^;

残雪期とかが良いのかもしれませんが、雪が積もっていると道が特定しにくいかも??

踏み跡でも付いていればラッキーでしょうけど、、、、。





道の先が藪化しています、、、。





左手はちょっとした崖^^;

って??

この崖をよじ登るのか??

なにやら踏み跡らしきものが、、、、、。





崖をよじ登ると、尾根筋に出ます。

もしかしたら、本来の登山道は、もう少し手前だったのかもしれません??





尾根筋もほとんど藪^^;

踏み跡が、正しい道とは限らない、、、、、。

正しくない踏み跡の上に、さらに踏み跡をつけたので、間違った道を助長する結果になったかも??





尾根筋を進んでいたら、左下に道らしきものが、、、、、。





赤布が付いています。

ここが道なのか??w





確かに道らしくなってきた^^





赤布を頼りに、、、、。





杉林の中をジグザグに登って行きます。





この辺は確かに道という感じだ!





無造作に散乱する切り倒された杉の木。





赤布だけが頼り^^;





開けたところに出るのか??





そうでもなかった^^;

さらにジグザグに登って行きます。





道らしきものは続いています。





杉林の中を行ったり来たり、、、、。





先が明るい??





道というか、何というか、、、、^^;





赤布だけが頼り、、、、^^;





だいぶ上がってきたか??





方向がコロコロ変わる、、、、。





開けた場所に出た!





この辺は道らしい感じ^^





結構広い^^





と思ったら、クマザサが行く手をふさぐ???





左手を見ると、、、、^^;

この崖を登れとでも???w





ビンゴ!!w

何ていう道なんだよ??w


その2に続きます^^;