さて、二ヶ月ほどサンスイのAU-D607Xを使ってきましたが、アンプを入れ替えてみることにしました。

SANSUI AU-D607Xはいかにも20世紀オーディオという感じの、重心の低い音。

しかし、時々がさつに聞こえるかも?

聞くに堪えないというほどひどくはない。

陶器の箱よりも、木の箱のスピーカーに適しているかもしれない。

別に悪くはないのですが、せっかくKA-9300があるのに、ほとんど使っていないので、もたいないなぁと、、、、^^;w


Desk top Audio

TimeDomain Lightもデスクトップにお引越しです^^

引越しついでに、チューンアップしてみました!

いわゆる制振処理という奴ですかね?



Desk top Audio



Desk top Audio

さすがに20kgは重いですね^^;


Desk top Audio

KA-9300だと、一聴してサンスイより低音は控えめに聞こえる。

というか、必要以上にドンシャリにならないフラットな感じの音か?

しかしながら、実際に低音楽器が入ってくると、低くて芯のある音をしっかりと出してくる!

何よりも、低音楽器の音程がしっかり聞き取れる。

せっかくの良いアンプも使わなければ宝の持ち腐れなので、普段使いに使っていこう。

AU-D607Xは経年劣化のためガリがひどかったりするけれど、KA-9300は1976年生まれにもかかわらず、ガリひとつない!

アッテネーター式ボリュームも当時は高級な素材だったのかも??

物腰は柔らかいのに、いざぶつかってみると、全く動じない、土俵際まで追い詰めても優しくうっちゃってくれる、横綱相撲のような、強くて優しい奴だ!

タイムドメイン VS Fドメイン対決冬の陣は、寒いので土俵をデスクトップに移しました。


さて、一日聴き比べてみましたが、あまりにも印象が違いすぎて、切り替えてから、慣れるまで15分くらいかかる感じですか?

タイムドメインの方が、なじむまでの時間は短いか??

KA-9300の方は、ある程度音量を上げないと本領を発揮しないというか、小音量では良さが伝わってこない感じかな、、、、。

さすがにデスクトップに120W+120Wはオーバースペックでしょう??w

7W+7Wくらいで良いと思いますねぇ、、、、。

ただ、ある程度音量上げて聞くKA-9300はなかなか気持ちが良いです。

と言っても、夜中に音量は上げられないので、小音量時はLightの方が明瞭で、はっきりと聞き取れますね。

小さな音でも、実に美しい音に聞こえます^^

ちょっとびっくりだわ!w

しばらくは、この組み合わせで聴き込んでいきたいと思います^^