さて、土曜日は山の会の恒例、大忘年会でした。

会場は3年続けて新橋「こうや」





会場はこんな感じです。













先出し

今回はほとんどの画像がNEX-5N EPZ16-50で撮影しています。





ナマコおろし

この画像はiPhone4Sで撮影しています。









ワカサギのマリネ





沢庵の燻製

初めて食べましたが美味でしたねぇ^^;





バイ貝





お造り

甘エビ
イカ

マグロ
さわら
フグ
ブリ

まあ、金沢ですから^^;w

何も言うことはありませんね。





焼き物

ステーキ





里芋の唐揚げ(かな?w)





揚げ物
サーモンと獅子唐





汁物
鱈と舞茸のハス蒸し

このコマもiPhone4Sです。

どういうわけか?鉢物だけはアイフォーンの方が優秀でした。





〆の氷見うどん。





ことしは、去年より30分飲み放題短縮で、あっという間に終わった感じ^^;

それでも2時間飲み放題なので、こんなもんでしょう。

お酒の減り方が尋常じゃないらしく、予算を上げるか、時間を短くするかという苦渋の選択肢を迫られたという話です^^;


さて、RX100 M2では、iPhoneに乾杯、基、完敗でしたが、EPZ16-50は頑張っているというか、十分使えますね。

ほとんどのコマで、iPhoneを凌ぐ描写でした^^

もっと積極的に使って良いレンズだと思います。


山ではちょっと使い物にならないと感じていたEPZ16-50でしたが、街では充分使えるようです。

このレンズは遠景が希薄だけれど、近接にはめっぽう強いです。

もう売り払ってしまいましたが、単焦点マクロのSEL30M35よりもキレがあると思います。


逆に言うと、RX100 M2は山など遠景の描写が一眼並と言われるほど鋭いのに対して、マクロ域はイマイチですね。

そういえばSEL30M35もマクロ域は甘いけれど、遠景は充分なキレを誇っていました。

この辺はレンズのクセというか、特徴なので、シーンに合わせて使い分けることで、納得のいく撮影ができるのかなと思われますね。



ん?

EPZ 16-50ってなに??って??w

別に特殊なレンズではありませんよ!

NEX-5R以降α6000シリーズにおまけで付いてくる、標準ズームです^^;

NEX-5R以降に購入した人であれば、ほぼすべての人が持っているはずですね!w

レンズ内手振れ補正付きなので、暗いシーンでもほとんど手持ちでいけます。

画角も超広角24mmから中望遠75mm換算までをサポートしておりますし、テーブルフォトでは広角マクロから、中望遠マクロまで、これ一本で自由自在という感じでした^^

RX100 M2は望遠側だと寄れませんからね^^;w

また、RX100 M3以降は広角側が24mm相当になっていますが、それが欲しくならないのはEPZ16-50があるからに他なりません^^;w

今になっても、同じものを添付しているので、かなり評判はいいんじゃないでしょうか?


NEX-5に標準添付されていた標準ズームは、たったの二世代で消えて無くなりましましたしね^^;w

<追記>

E18-55mm F3.5-5.6 OSSですけど、、、、。

消えて無くなったわけではなく、現在でも交換レンズとしては販売されているようです。

需要があるのかどうかは?

微妙だと思いますけど?

このレンズがほしい人はヤフオクあたりに糸を垂れるでしょう?

私は新品をWズームキットで手にしましたが、新品未使用のままオクに流しました。www