さて、フレッツ光のプロバイダー契約が不要になる、新サービスのご案内とか??

突然電話がかかってきました。

以下の操作をしていただければ、フレッツ光の料金がこれまでよりもお得になります!!

「お近くにパソコンかスマートフォンはありますか??」

「パソコンならありますが??」

「普段お使いの検索サイトはどこですか?」

「グーグルですけど?」

「それでは、グーグルの画面で『NTT 転用』と検索してください」





「転用のお手続き(光コラボレーションモデルへの移行) フレッツ光公式 NTT」をクリックしてください」









「ドラえもんのイラストの、NTT公式ページが表示されましたか?

 スクロールして、下の方へ進んでください」





「ログインせずにお手続きをクリックしてください」










【1】 転用に関する不審な勧誘にご注意ください。

■ NTT西日本の名前を騙る(かたる)等して、「フレッツ光」から「コラボ光」への「転用(切替え)」や「転用承諾番号」の取得が必要だと説明する、不審な勧誘(訪問営業、電話営業、勧誘メール等)にご注意ください。

■ NTT西日本から「フレッツ光」をご利用中のお客さまに対して、「コラボ光」への「転用(切替え)」や「転用承諾番号」の取得をお願いすることはありません。
※転用のお手続き前には、光コラボレーション事業者様が提供するサービス内容、料金、条件等を十分にご理解いただいた上で、お手続きをお願いいたします。
(お客さまへの不審な勧誘例)

■ 「(NTT西日本の)フレッツ光に料金が安くなる新プランが出たので、新プラン(●●光)への切替えをご案内しています」

■ 「NTT西日本から依頼を受けて、フレッツ光から●●光への切替えをご案内しています」


【2】 転用における契約関係についてご確認ください。

「転用」により、お客さまが契約されている「フレッツ光」は解約となり、
「コラボ光」を新規にご契約いただくことになりますので、
お客さまの契約先は、「NTT西日本」から「光コラボレーション事業者さま」に変更されます。


「フレッツ光」から「コラボ光」への「転用」が行われた後、お客さまが「フレッツ光」の再利用をご希望される場合、また、他の光コラボレーション事業者さまが提供する「他のコラボ光」に変更される場合、新規のご契約となることから、初期工事等が再度必要です。また、お客さまID(CAF/Lで始まる番号)も変更となる他、ひかり電話の電話番号についても変更となります。


↑ ここが納得いかない部分ですね!

電話番号の流用は一回のみで、それ以降は新規契約??

携帯電話なら何回でもNMPで番号はそのまま使えるはずですけど?

携帯なら、番号を変えるのはよくある話ですが、固定電話で番号を変更すると、色々と面倒なことが予想されますよね??



「確認した上で次に進むをクリックしてください」

(後になって考えると、この時点でNTT以外との契約になることはこの時点で了承済みと判断されるらしい、、、、、

 NTTもこの注意書きにもう少し配慮が必要だと思われる。

 この画面の次に進む前に、「あなたはどこの業者ですか? 転用でどこの会社と契約させようとしているのですか?」 一度確認してから次に進んでくださいとか??

 無理か?w)

結果的には、この画面があるために、口頭での説明をしなくても、NTT以外の業者との契約になることを、了承したことになるのは間違えないですね、、、、。

読むか?普通??

読まないよねぇ、、、、。

読んでいれば、引っかからないか??w


しっかりと読んだ人は、

「NTT以外と契約するつもりはないので、これで失礼します!
 今後一切電話しないでください!!」


そう言って、断りましょう!

お互いに時間の無駄ですからね^^;w







「スクロールして」





「同意の確認にチェックを入れて『同意して次へ』をクリックしてください。」











「必要項目をご入力してください」










「転用承認番号をお知らせください」

「これで、切り替えに必要な手続きは終了しました。

 今後は、ご請求はNTT様からではなく、IFネットからに変更になります」


ん??

なんだそれ??

これって??

特殊詐欺じゃないの??

電話でパソコンを操作させて、契約させてしまう???


第一、初めはNTTのフレッツ光の料金がお得になります!

それしか聞いていない!

本来であれば、「IFネットに契約していただければ、料金がお得になります」

と名乗るべきだろう!

いきなり、手続きをすると料金がお安くなりますと言って、『NTT 転用』でググれ!

その時点で、操作させられている人は、何かの設定の変更だろうとしか感じない。

んで、転用承認番号を聞き出した後で、

今後は、ご請求はNTT様からではなく、IFネットからに変更になります。

完全に特殊詐欺だよね??

確かに、IFネットはまともそうな会社だし、「光コラボレーション事業者さま」及び「お取り扱いサービス」一覧にも掲載されています。

変更しても多少料金が安くなるので、そのまま契約しても、特に不自由はないかもしれない。


そのあと、別の担当者から電話がかかってきて、、、。

契約の説明があった。


まずは解約した場合の違約金

3年縛りで12か月以下の解約が29,800円、24か月以下で19,800円、36か月以下で9,800円、解除の申し込みがないと36か月単位の連続更新。

36ヶ月単位の更新で、自動継続で携帯と同じく3年経っても、36ヶ月のタイミングじゃないと9,800円の違約金が取られる。

ここから下は、一切説明がなかった。

もう一つの問題点は、IFネットに契約して、解約した場合光回線の元の電話番号が使えなくなる。

NTTに戻して元の電話番号を使うためには、メタル回線で一旦電話番号を取得して、フレッツ光の工事を一からやり直さないと再契約はできないらしい、、、、。

(業者は説明しなくても、NTTの方で明記されていたので、その説明文を読んだ上で納得したはずと言われたら、裁判しても同意した事項なので勝ち目はありませんね!)

これは、NTTの方で、万が一裁判沙汰になった場合でもNTTはきちんと明記しておりますと、火の粉がかぶらないための護身用の措置という感じでしょうかね?

いろいろな思惑や、表記を巧みに利用している感じですかね??

また、別の担当者から再度電話があるというのは、おそらく転用承諾番号を押さえておくための時間稼ぎなのかなと思われます。

やばいと思ったら、別の担当者からの電話を待っている間に転用承諾番号を新規取得してしまいましょう!

この時間稼ぎの間に新規に転用承諾番号を取得してしまえば、無理やり契約されるリスクは完全になくなります。

やり方は、親切に教えてもらったので同じことをもう一回やれば5分で済みます。

金融機関コードがわからない場合はここから取得してください。


まあ、詐欺とは言っても、損をさせるわけではなく、契約会社を変更させるというものなので、被害にあったと思う人は少ないかもしれないし、これまで通りにネットに繋がっていたら、契約が変わったことすら忘れてしまうような状況だろう、、、、。

ちなみに、特殊詐欺まがいの勧誘をしているのはIFネットではありません。

IFネットの代理店というか取次店の方ですね。

1契約あたり、数千円か数万円の手数料が入る仕組みなのでしょう。


何れにしても、電話でパソコンやスマホを操作させるような手口は、特殊詐欺と考えて間違えありません!!



<追記>

さて、同じような手口で、契約させられて、取り消したい場合はどうすればいい??

NTTに問い合わせたところ、速攻で取り消したい場合は、もう一度転用承認番号を取得すれば、古い番号は無効になるので、契約させられる心配は無くなりますので、まずはこれを試してみる。

業者の方も速攻で転用承諾番号を履行する手続きに入るはずなので、1時間以内くらいじゃないと無効かもしれません。

消費者庁の窓口に問い合わせたところ。

契約書が届いて8日以内であればクーリングオフが可能なので、業者の方に連絡してキャンセルすれば済みますが、もしも切り替え工事が完了してしまっている場合は、NTTの方に契約手数料を取られる可能性があるという話でした。

キャンセルの際の注意点は、取次会社もフリーダイヤルを伝えてきますが、そこには絶対に連絡を取らないこと!

取次店ではなく、契約している会社本体に連絡するのが重要ということでした。

工事が進行して、切り替えが終了してしまった場合は、キャンセルしても現状復帰にかなりの費用が発生するので、キャンセルしたい場合は、遅くとも翌営業日の朝一番でキャンセルの申し込みをすること!

速攻のキャンセルであれば、業者側も手続き変更等の負担が少なくて済むので受け入れてくれます。

工事が進行した時点でのキャンセルは、業者側も負担が大きく、原状回復にも時間と費用がかかるわけです。

もう一つ、担当者からの電話を待つのではなく、営業が始まった時点で、自分から業者の方へ電話をかけることが有効です。

担当者はできれば契約を成立させたいという意思がありますが、自分からサービス部門へ電話を入れた場合は、担当者以外の人が電話での応対に当たります。

応対した人は、電話の相手からの意向を実行するだけなので、「契約を破棄してほしい」と申し出れば、電話番号等で契約状況を確認して、「破棄」の手続きを事務的に取るだけです。

お客様の要望に応えるだけですね^^

別にその人は、与えられた自分の仕事を履行するだけなので、なんの躊躇もありません。

契約が破棄されたら、速攻でブロックを入れてください!





解約に成功したら、新たに転用承諾番号を取得しておきましょう。

やり方は、親切に勧誘業者が教えてくれているはずなので、5分もかからないはずです。

金融機関コードがわからない場合はここから取得してください。

これで、以前に発行された番号は無効となり、完全にブロックできます!

新しい転用番号は2週間後には無効になりますので、放置しておけばOKです。



<再追記>

IFネットの光コラボの問い合わせ窓口はこちらから参照してください。