Upgrade to Windows10 on parallers desktop Mac OSX

さて、無事にWindows10のアップグレードは完了しました。

この画面では、Windows7.pvmと表示されているファイルが、Windows10です。

実はこちらは、バックアアップしたクローンからアップデートしました。

オリジナルのWindows7.pvmはWin7_oldというホルダーに回避してあります。

オリジナルで失敗したら、戻すのが大変なので、クローンで作業したというわけです。


Upgrade to Windows10 on parallers desktop Mac OSX

Win7_oldフォルダーの中には、オリジナルのWindows7.pvmが入っています。


Upgrade to Windows10 on parallers desktop Mac OSX

まずは、このファイルをリネームします。


Upgrade to Windows10 on parallers desktop Mac OSX

Windows7org.pvmという名前に変更してみました。


Upgrade to Windows10 on parallers desktop Mac OSX

元の場所に戻します。

くれぐれも、リネームしてから戻してください。

それか、後で説明する手順で、Windows10の方をリネームしてしまうかですね。

同じ名前のまま戻すと、仮想マシンが書き換えられて消えてしまいますよ!w


Upgrade to Windows10 on parallers desktop Mac OSX

準備が整いましたら、Parallels Desktopのコントロールセンターを開きます。


Upgrade to Windows10 on parallers desktop Mac OSX

新規仮想マシン → 既存の仮想マシンを追加 をクリックして行きます。


Upgrade to Windows10 on parallers desktop Mac OSX

Windows7org.pvmを選択して、新規に仮想マシンを登録します。





Windows7復元に5分もかかりませんでした^^;

これは便利ですね!


Upgrade to Windows10 on parallers desktop Mac OSX

この通り!w


Upgrade to Windows10 on parallers desktop Mac OSX

Windows10も起動確認!

両方とも正常に動作します^^;

これはParallels Desktop 11じゃなければ出来ない芸当ですね。

ただし、アップグレードしているので、両方使うのは規約違反になります。

Windows10で問題がなければ、Windows7は消去するか、Windows7ようにもう一つライセンスライセンスキーを購入しなければなりません。

まあ、グレーではありますが、ヤフオクあたりから、新品未使用の正規ライセンスキー付きのDVDを取り寄せれば、規約的には問題なく使えると思いますけど、、、、。


これで、Windows7のバックアップからの復元は終了です。

続きましては、Parallels Desktop 11のコントロールセンターから、細かい問題点を整理する方法をご案内します。